サッカー選手からシリコンバレーで働くエンジニアへ  海外転職で最も必要なものは英語力か?

 まずは、私がいかにして現在のような「シリコンバレーで働くエンジニア」になったのか、お話していこうと思います。

サッカー選手になると思っていた大学時代

 私は高校卒業後、同志社大学に入学しました。私はキリスト教ではないのですが、サッカーのスポーツ推薦で神学部への入学が決まりました。1年時からメンバーに入り、在学中は大学日本代表にも選出され、2001年のU21の東アジア競技大会では金メダルを獲得しました。

 プロチームからのオファーも頂いていたのですが、膝の靭帯断裂による怪我のため、サッカー選手への道は断念することを選びました。怪我とうまく付き合いながらプロ選手になるという選択肢もありましたが、イタリア代表のカッサーノと対峙した時、自分の中でサッカー選手としての自分に対する限界を感じたのが正直なところです。

 そうして、私はサッカー選手ではない、次の人生へ向けて歩き始めました。

この続きをみるには

この続き:6,380文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

新卒の頃TOEIC300点台だった私が、今はシリコンバレーの上場企業でITエンジニアとして働いています。大真面目に海外転職を狙っていて...

または、記事単体で購入する

サッカー選手からシリコンバレーで働くエンジニアへ  海外転職で最も必要なものは英語力か?

酒井潤 (さかい じゅん)

100円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

シリコンバレーから皆様のお役に立てるよう情報を発信していければと思います!

嬉しいです!!
2

酒井潤 (さかい じゅん)

シリコンバレー現役エンジニア / サッカー大学日本代表 東アジア競技大会 金メダル取得 / Udemy講師 http://bit.ly/2WfPN4Y / 書籍 http://bit.ly/2WnsMx4 / ユーチューバー http://bit.ly/2DwVIew

現役シリコンバレーエンジニアが語る「海外転職のススメ」

新卒の頃TOEIC300点台だった私が、今はシリコンバレーの上場企業でITエンジニアとして働いています。大真面目に海外転職を狙っていても上手くはいきません。私の経験を元に、海外転職(特にアメリカ)を考える方に役立つ情報をお届けできればと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。