新しい新規事業が生まれ続けるDeNAという企業の仕組みとしての秘密

オークションサイト「ビッダーズ」が創業期の事業の柱だったDeNA。その後はモバオクやモバゲーなどを軸に急成長。

しかしガラケーからスマホ化の流れには乗れたものの、ネイティブアプリ全盛となるタイミングで業績は悪化。

ただその後も横浜DeNAベイスターズの設立、MERYやiemoといったキュレーションメディアの展開、最近ではポケモンGoで注目される任天堂との提携や自動車関連事業や遺伝子解析サービスの提供など次々と新しいサービスが生まれている。

中には買収で手に入れたものもあるが、数々の施策が利益を生み出してきており株価もこの半年で倍近くに伸びている。

一時期は競合と言われていたGREEは既にDeNAの時価総額の1/3以下になってしまっているほどDeNAの復活には驚かされる。

DeNAという企業の強みは何か?探っている内にそこには企業としての仕組みがありました。

ここから先は有料となります。ノート単品だと300円ですが、月額700円の有料マガジン「IT業界がよくわかるマガジン」を購入頂くことでも閲覧が可能です。

有料マガジンは週2本程度更新予定ですのでお得です。

※「IT業界がよくわかるマガジン」は定期購読開始月以降の更新月の作品のみ閲覧可能です。

この続きをみるには

この続き:1,917文字/画像3枚
記事を購入する

新しい新規事業が生まれ続けるDeNAという企業の仕組みとしての秘密

桜庭涼

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

桜庭涼

IT業界がよくわかるマガジン

IT業界における企業の分析やマーケティング情報についてブログに書けない内容をお伝えしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。