見出し画像

ニュータウンの社会史【青弓社】

四六判/ 256頁/1,600円+税

高度経済成長期、「理想」や「夢」と結び付いて人びとの「憧れ」とともに注目を集めたニュータウン。50年を経て、現在は少子・高齢化や施設の老朽化の波が押し寄せている。日本最大規模の多摩ニュータウンを中心にその軌跡をたどり、地域社会の変貌を描き出す。

高度成長期の人口増加に伴い日本の各地で開発されたニュータウン.
著者は居住者の高齢化や施設の老朽化など,現在のニュータウンが抱える課題は,将来の日本全体に訪れることであり,その過去と現在を考えることは,未来の日本社会とその行く末を考えることに繋がると説く.
これまでニュータウンは学術対象や写真集などで外側からの観察対象として扱われることが多かった,しかし,実際に多摩ニュータウンに暮らす著者は,これまで見過ごされてきたニュータウンの内側からみた地域社会に着目し,開発の受容過程から現在までの変遷を明らかにしていく.(ro)


出版社のウェブサイトはこちら

Amazonはこちら


掲載号はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

『a+u』3月号発売中!
9

新建築社

株式会社 新建築社は、1925(大正14)年の創業・『新建築』創刊以来、月刊誌を中心とした建築関連の雑誌・専門書を発行しています。建築を様々な角度から取り上げ、新しい建築を求め誌面をつくっています。 https://shinkenchiku.online/

BOOKS─書籍紹介

建築・都市・まちづくりにまつわる書籍の新刊・近刊を紹介していきます(本記事は雑誌連載コーナー「BOOKS」の転載記事となります).週2回更新予定.また,本アカウント以外の紹介記事もピックアップしていければと思います!
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。