ファシリテーショングラフィック?グラフィックをどういう立ち位置として使うのか?

こんにちは。今日は学びの技法寄りの話です。

ファシリテーショングラフィックやグラフィックレコーディングという言葉を聞いたことがありますか?まちづくりのミーティングや教育寄りの人がやっているかもしれません。私も真似ごととして、この前、8月8日に開催したイベントで実施してみました。

ちなみに、Wikiによると、

ファシリテーション・グラフィック(ファシグラと略すこともある)とは、ファシリテーションを行う時、「何について(議論の対象)、どのように(議論の構造)話しているか」参加者の認識を一致させるために、発言を記録・図式化したもののこと。色々な手法がある。ただしこれは日本でのみ使われている造語で、英語で正しくはグラフィック・ファシリテーション(英語: graphic facilitation)という。

また類似概念と技法としてグラフィックレコーディングがあります。こちらは、ほぼ日の記事があったので、参考にしてみてください。

会議などで飛び交う、いろんな人の「議論」を
絵や図などのグラフィックに「可視化」して記録するという
ちょっと不思議なコミュニケーション手段があります。
その名も「グラフィックレコーディング」。
自分の考えを言葉でうまく伝えたいときや、
上司に囲まれて発言しにくい会議などに、有効なのだとか。
「考え」を「書く」ことで「整理」できるということで、
ほぼ日手帳との共通点もありそうです。
いったいどんなものなのか、
興味を持ったほぼ日手帳チーム数名が
「グラフィックレコーダー」の清水淳子さんをお迎えし、
話をくわしく聞いてみることにしました。
模造紙を使って、手帳チームのミーティングを
描いてもらったところ、なかなかおもしろい発見も‥‥。
インタビューと実践のようすを、全2回でお届けします。

上記二つを見てもらうと、いろいろやり方はあるけど、認識や理解を揃えるために実施したり、リアルタイムに色や質感を伴った記録を行うために実施されています。

三浦は上記二つはあまり得意ではありません。グラフィックに色も全然使わないし、あんまりね。でもこれまでグラフィックを続けてきて、自分なりのグラフィックの使い方がしっくりきていました。


概念や構造を問うためのグラフィック・ファシリテーション

私がこれまで取り組んできたのはどのように固定観念を解体することができるのかという点につきます。自分が思っている思い込みを掘りかえすことにより、新しい発見、特に自分の暗黙の世界の見方を意識させるようなものです。

これはこの前のイベントの一幕。

話しているのは共同企画者の鈴井くん。参加者の人たちがビジュアルと鈴井くんの方をみることができるように、ビジュアルの位置は中央左にしました。

最終的に出来上がったのはこういうもの。他のビジュアルを書く人たちと比べると、簡素にしか書けません。そこらへんの色使いはあんまりこだわれてないから、結構実践している人に聞きたいなぁ。

これ話してるんですけど、がりがり場に入ります。グラフィックで話を可視化しながら、質問を入れ、議論の前提に深く入っていきます。ゲストの人とはあえて違う視点を話に入れてみます。また、ゲストの方の考えの相違をグラフィック上で、”こことここの部分って結構違いますよね”という風に話をふっていきます。


グラフィックを使うことだけでは場づくりが完成しません。一方で、質問を入れるだけでも完成しません。これまで場づくりの中ですごく違和感を持っていた点の一つはここでした。

グラフィックレコーダーの人たちのレコーディングが、なんかもっとうまい形で活用されていいと思うんですよね。単なる記録になっている現場が多いと、すごくもったいないというか、もっとグラフィックのことを活かせる形ってあるのになぁと思います。

グラフィック・ファシリテーション / ファシリテーション・グラフィック

自分はこれをグラフィックという手段を用いて、促すことと定義しています。何を促すというと、思考の前提に気づくことを促します。また聞いている話をあえて対立させることで、"理解させないように"します。

簡単に理解することができると、考えなくなってしまうと思います。あえてわかるようなわからないような、、、という気持ち悪い状況に持っていくことによって、参加者の人たちの中で発見が起こりやすくなると思っています。

こういうグラフィックの使い方が好きなだけです。ただ、現在のグラフィックファシリテーション界・ファシリテーショングラフィック界には少ないかもしれないと思っています。

グラフィックを書こうが、表現を行おうが、どうしても思想や哲学が出てしまうため、ある意味自分のやり方はグラフィックをどう習得するかという点ではなく、どのように思想・哲学とグラフィック・質問を連動させていくかという点に出てくるかと思います。

短時間でパッと書いた文章なので、また詳しくかいてみますね。

Good night. 

 
************************
▼主催・共催イベント
現在、参加者募集中のイベントはございません。     
     
▼今後のイベント登壇予定
9月23日(土)14:00 - 17:00 @大阪
ドイツのカッセルで開催の芸術祭「ドクメンタ」、ミュンスターの「彫刻プロジェクト」報告会と、報告から考える対話の会
https://www.facebook.com/events/261557101003684/
 
▼今後のリサーチ予定
・和歌山の"南方熊楠"ゆかりの地 リサーチ(DAYDREAM THEATER)←中止
・ドイツ・オランダ・デンマークの創造的エコシステム リサーチ(個人/ DAYDREAM THEATER)
 
▼SNS
Twitter:https://twitter.com/shokei_612
Facebook:https://www.facebook.com/yoshitaka.miura.90

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

#図解 記事まとめ

note内にあるよい図解記事をまとめます。 主に #図解 のついた記事を巡回して追加していきます。図が主役の記事がメインです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。