今、マジになる!!

好きなことを仕事にした4年間のフリーランスのリアルな収入と戦略を全て有料noteに書きました。このnoteを見つけた人はラッキーである。これは過去の俺が死ぬほど求めていた情報だからである。そんな情報を有料noteで書いた!

Tシャツは参加チケット。3年越しにブランドコンセプトが完成した日。

Tシャツから始まる新しいコミュニケーション。

そんなコンセプトのTシャツブランド「喋るTシャツ」を運営している脳内アーティストの稲沼(@shuninanuma)です!

本日、、、なんと、、、!講談社から写真集を発売することを発表させて頂きました!!

今日はカメラマンでもない俺が写真集の出版を発表した日ではない、平成生まれ1000人の写真を集めれたという日でもない。

ブランドの観点から言うと

もっとみる

作者の死後に完成する生と死をテーマにした作品を作りました

こんにちは脳内アーティスト稲沼です!

生と死をテーマとした作品を作りました。

生と死をテーマとしたのには理由があります。

自分自身、死の実感がなかなか湧かないのです

友人の友人が死んだ、身内が死んだ、ニュースでは芸能人の訃報が流れ、SNSでは悲しい記事や勇気をもらえる記事が流れてくる

その時は、ああ俺も明日死ぬかもしれない。だから今を生きよう。

なんて思うが明日になるとそんな感情は消え

もっとみる

月商100万のアパレルブランドから学べた10のこと

(本気で書いてたら1万文字になってしまいました。。。有料設定してますが全文無料で読めます!)

自分の作るブランドで生活する。ECサイトは無料で作れるようになり、デザインも身近になってきた。美大や専門卒でなくとも多くの人が自分のアパレルを作れるようになった。

しかし、、、自分の作るブランドで生活する。

これ、、、思っているより相当難しい話です、少し計算してみましょう。

例えばTシャツを400

もっとみる

嘘のような本当の話。新元号がもたらした奇跡の話。

ジャジャーーーーーンンンン!!!!

ギターを思いっきり掻き鳴らす。目の前のお客さんが踊りだす。21歳の自分は音楽に夢中だったわ。

音楽のために大学を辞め、日常の全てを音楽に捧げたんだ。
良い音楽を作ること=自分のバンドが売れることしか考えてなかった

あの頃の自分をバンドメンバーは「正直好きじゃなかった」と言う。あまりにも自分勝手で悪い意味で尖っていた。

お客さんというよりバンドを

もっとみる

どうやって稼げばいいか分からない人へ捧ぐ。ハゲて笑って泣いて、月100万にたどり着いた4年間のフリーランス奮闘記

好きが分からない状態から好きなことで月100万稼ぐまで。ハゲて笑って泣いた4年間の記録

仮にご満足できなかった場合、購入金額を全額返金しますのでご連絡ください。(shuninanuma@gmail.com)

追記:2018年9月5日【番外編】美大卒でも専門卒でもない個人が作ったオリジナルTシャツが約2000枚売れるまでの道のり<約1万字>

追記:2018年10月13日【番外編】主催がカメラマ

もっとみる

もし10人中1人に2万円が当たるとしたらどうする?

実は2万円のお食事券を抽選で5名にプレゼントする企画なのですが現在ハッシュタグのツイートは50名ほど。つまり10分の1くらいの確率で2万円が当たるwww

10万円にも関わらずあまりにもかなり当たりやすいキャンペーンとなっているwww

<応募方法>

①アプリをDLする(アップデートする)
https://itunes.apple.com/jp/app/shaca-shaca/id1358610

もっとみる