見出し画像

10年うつで苦しんだ私が思うこと

はじめまして。セラピストの西條研吾です。

僕はあるきっかけから軽い気持ちで診療内科に行き、抗うつ剤を飲み始めました。

薬の量はどんどん増えて、1番多い時で1日20錠以上。身体が鉛のように重く、もう起き上がることもできず1日布団の中。外にも出られず、毎日死ぬことばかり考えて、廃人のような時期を10年過ごしました。



薬をやめたくてもやめられない。。

先が見えない人生。。

絶望感。

どうしてこうなった?

理想と現実のギャップ。

人間関係。

親との関係。


その時、心の奥の闇がなんなのかはわかりませんでした。でも、薬を飲みつづけていたら、このまま人生は終わることだけはわかりました。


一生このまま闇の中で生きるのはイヤだ!


10年前の冬に、最後のチャンスだと奮起し、薬をやめることを決意しました。

薬をやめるのは本当に大変だったけど、今はまったく飲んでないし、人生に悲観することもなく、やりたいことを全力で楽しめる自分になっています。

自分に自信がなかった僕ですが、やればできるという成功体験にもなりました。

人生の振り子をまったく逆に振ることができたんです。

いまはセラピストをしていますが、このうつの経験をしてよかったと心から思えます。


うつから抜けたいまだから言えます。

うつになる人は真剣に人生に悩みます。

周りの人間関係にも本気で悩みます。


すべてに真剣に考えているんです。

だから、

うつになる人は

誰よりも人生を変えるパワーと情熱が強い

成功をつかめる人なんだと。


ただ、悩むループから抜け出すきっかけをつかめないだけなんです。


僕はこの経験をシェアして、薬を飲んでる飲んでないに限らず、うつから抜け出すヒントになればと思っています。


心理学、形而上学、セラピストの視点から

みなさんの役に立つ情報を書いていきますので、
楽しみにしていてくださいね。

覚えておいてください。

人生の一寸先は光ですからね。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

西條研吾

元うつのセラピスト。ひどい時は1日20錠の抗うつ剤を飲み、精神のドン底を経験。 そこから独自の方法で薬をすべてやめることに成功。どうやってはい上がったのか?その経験をシェアしています。 音楽活動もしています。楽器はピアノ。X JAPANとクラシックとメタルが大好物です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。