サークルで団体をコントロールすることに疲れ、
僕が学んだのは、「放置」することです。
自分と他人の課題は分けて考えましょう。

その人が迷惑を振りまいても、その人が嫌われるだけで
僕には無関係ですよね。
こちらから近づかなければ問題はありません。

人は都合のいいことしか聞きたがりません
内容よりも印象で判断します
「バカ」と言ってきた人間のことばなんて頭に入りますか?
その人は変わると思いますか?

僕は自分の感情の問題だと気づけば何も言わないし
やっぱり相手の問題と思えば、味方として指摘しますよ。

ある人事さんから
「アキラさんは正直だけど、
 人のことだけは悪く言いたがらないところがある。
 もっとバカにはバカって言っていいんだよ」
と言われたのでつぶやいてみました

”楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する”
稲森和夫さんのことばです

ポジティブさは必要ですが
”計画性”を疎かにするのはただのバカです

少し苦手でも計画的な人のことは否定せず、むしろ味方につけてください
僕は、必要なネガティブさを持った人を信用します

未知の世界はどうしても怖い。怖いものは怖い。

2019/07/24更新

移り気でスローペースだけど求職中、転職活動中。

とてつもなく不安だ。

実生活では一人暮らしなので自由な分、全てを自分一人でやりながら一日にできることややりたいことに常にアンテナを張るも、決して多くはこなせない。梅雨特有のどんよりじめじめ感に体調やメンタルが左右されつつも、おかげさまで日常生活は送れている。

ひょっとしたら面倒くさくて後回しとか放置しているのかもしれ

もっとみる

怒りと悲しみの受け止め方

【要約】                   ネガティブな感情に振り回されず、いかに冷静に受け止めるのか。その答えは、その程度の数値化にある。10段階で感情を評価し、受け止める程度を定量的に表すことで、”無駄に”振り回されることなく「次に何ができるのか」の前向きな検討ができるようになるのではないか。

とりあえず1ヶ月noteを続けてみようと思って7月頭から書いているものの、なかなか毎日書き続ける

もっとみる

前向きなふりをして生きることに疲れてしまった

前向きであることは、必要でいいことだ。
そうすることで得られるメリットはとても大きい。
他人から見てもその姿は気持ちがいいだろうし、いい印象を持たれやすくなる。
何か同じことが起きた時でも、前向きである方がコスパや効率がよく対処できるし、それがまるで正解のように感じられる。
だけど根がネガティブな私は、そうやって毎日頑張って頭を嘘で満たすような生活に疲れてしまった。

前向きに見える人も、きっと前

もっとみる

世界中が光で在るために

自分の中に在る闇は

ネガティブではない

闇は何も悪さをしない

闇は内の世界に在るうちは

ただそこに存在するものである

闇を外の世界に放出する事で

闇は計らずもネガティブに変わってしまう

人を傷つけ、不快にさせ

人をも巻き込む悪となる

ただ、人が自分の中にある闇を

包み守る事が出来るまでには、多くの時間を要する

私たちは光の中で生きたい いつも光と共に  光の中で  光

もっとみる

いろんな感情で心の中がぐちゃぐちゃになっていたり、ひどく悲しくなったりさびしくなったり辛くなるといった風にネガティブな感情で心が満たされている時、私はうまく感情を表現できずに外に吐き出せなくなり黙り込む。何かの拍子に突破口が見つからない限り黙り込む。そして中毒症状に陥る。

僕が見ている10歩先。

どうも、最近バイト先の子が1人急にいなくなってしまい、人数が足りなすぎてバカ忙しい営業中に”なんでその人は飛んじゃったんだろう?”という疑問と、”いなくなるならシフト全うしてからいけよ!”が交互に来て、怒っているのか寄り添おうとしてるのか自分でもわかっていないTaigaです。

さて今回は誰も興味がないだろうけど僕の見ている十歩先について話したいと思います。もはや十歩先なので夢物語になりますね

もっとみる