「副腎ケア」で鬱も老化も更年期もケアできる

「副腎」ってご存知ですか?

副腎は腎臓の上にある小さなピラミッド型の臓器のことで、「抗ストレスホルモン」と呼ばれる「副腎ホルモン」を作るという大切な働きを持っています。この副腎がストレスや加齢により弱ってしまうとストレスに対処する力が低下し、慢性疲労や鬱などの症状が現れるようになってしまうのです。

・夕方になると疲労とイライラピーク
・甘い物とカフェインなしで動けない
・風邪を引きやすく治らない
・やる気ゼロ
・ストレスに抵抗できない
・眠っても疲れたまま

こんな症状が出ている方は「副腎疲労」と呼ばれる副腎の機能低下が起きている可能性が高く、注意が必要です。

副腎ホルモンは朝8時頃に最も多く分泌され、夕方にかけて減少していくので夕方になると脱力感やイライラ感が増す、という方で原因がわからず困っている方はほぼ確実にこの病態が起きていると考えても良いでしょう。実はこの副腎疲労は西洋薬だけでは改善が難しいものです。そしてこの副腎疲労は更年期、鬱、がんなどといった重篤な病気へと繋がっていく可能性のあるものです。放置はお勧めできません。

じゃあどうすればいいのか?悩みどころですよね。

そこで今回はこの「副腎疲労」の改善法=副腎を健康にする方法を生活養生+漢方薬の観点からお話したいと思います。副腎疲労に悩む方は現代人に物凄い勢いで広がっています。心当たりや不安のある方はぜひお読み下さい。「慢性疲労は老化のせい」というのはちょっと待った!貴方の夕方以降の人生を劇的に変えるかもしれません。そしてそれが実年齢と比べて20歳位の差異を生むとしたら・・・?更年期もがんもうつも乗り越えていく大きな力になるとしたら・・・?

興味を持っていただけると嬉しいです。

それでは早速お話を始めていきたいと思います。

この続きをみるには

この続き:3,575文字

「副腎ケア」で鬱も老化も更年期もケアできる

タクヤ先生 中医学/薬剤師

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただきました方からのリクエストには優先的に記事をアップさせていただきます。いただきました金額は執筆機材の充実とさらなる知識向上で皆様に還元させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

58

試してみたいもの

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。