老人・ミーツ・宇宙人!!|『コクーン』(1)

テーマ発表!!

 「コクーン」をベースに新しい物語を考える!

 ……には、まず、それがどのような作品なのか理解しておく必要があります。

 そこで本記事では、「コクーン」をざっくりご紹介します。

作品概要

---🌞---

※「TSUTAYA TV」で視聴可能です。なお、「Amazonプライム・ビデオ」「Netflix」では視聴できません(19/10/14時点)。

ざっくりストーリー

もっとみる

スパイスの「ヒハツ」が"若返り"の秘薬!

スパイス(香辛料)が、いろんな薬効と健康効果で注目されていますね。

 紀元前から薬剤として流通していた「ヒハツ」ですが、スパイスとしては安価な黒コショウや画期的な効能の唐辛子に主役の座を奪われて、いつしか忘れ去られた存在に。

 スパイス(香辛料)の黒コショウによく似た「ヒハツ」が、その驚異の若返り効果で注目されています。

 人間の若さ(美肌や発毛)の元は、健康な血管(特に毛細血管)とリンパ管

もっとみる

"若返り"は自殺行為?  抗酸化食品はガンを加速!

私もそうですが、世の紳士淑女?の多くは、アンチエイジングで老化を押さえて肌を若返らせるために、せっせと抗酸化食材を摂取。

 "若返りの抗酸化食材"摂取などの食生活の工夫をしていない人は
老化(シワや肌荒れ)、ガン、病気、アレルギー(花粉症、アトピーなど)、認知症(ボケ)、要介護
 などの到来年数が大幅に早まります。
全く無頓着な人は40代から阿鼻叫喚の嵐(汗)

代表的な抗酸化食材(若返り)は

もっとみる

「16時間・空腹健康法」で、ガン撃退&若返り!

舌がんを患った青木厚医師が自らの命をかけて考案したという
「16時間・空腹健康法」。

「16時間・空腹健康法」とは
睡眠時間と食べない時間を連続16時間確保して、残りの8時間の食事時間には、カロリー制限ナシで食べたいモノを好きなだけ食べる(暴飲暴食はダメ)という食事法。

 健康になる原理としては、空腹による「オートファジー(自食作用)」で、体の老化細胞やガン細胞が食べられて、全身の細胞が若返る

もっとみる

筋肉の"夢の若返りホルモン"「マイオカイン」

骨格筋が体重に占める割合は約40%。体を動かすための組織というだけでなく、筋肉を動かすことで分泌される"夢の若返りホルモン"の「マイオカイン」が注目されています。

 この"マイオカイン"は、脂肪を分解させたり、筋肉を作り、肌の若返り(美肌)、認知症予防にも効果があります。

 マイオカイン(筋肉が分泌するホルモンの総称)は30種類以上あり、マイオカインの例としては
 「アディポネクチン(長寿&ヤ

もっとみる

体の老化を1/3に遅らせて"ギネス長寿"に挑戦!

この夏は、猛暑日も炎天下での1万2千歩の徒歩往復でのヤギの餌やり(ヤギ餌採取も)で顔と両腕は日焼けでガングロ(涙)。顔と腕の微細なシワの発生に涙する日々です(汗)

 そんな逆境の中でも
■体の老化を1/3に遅らせて"ギネス長寿"に挑戦!
 計画は始動しています。(1/3に根拠はありません 汗)

 私は高齢者(68歳)ですが、顔も肌もスベスベでシワなし(年が年ですから、ホウレイ線だけはあります)

もっとみる

肝臓のハーブデトックスで毒素が出て生まれ変わった日

肝臓のフランス式ハーブファスティングを終えて、小さな奇跡が起こっています。

無事に肝臓のハーブファスティングを終えましたが、その後の1~2週間で起こったことが更にまた驚きでした。

エネルギーが溢れ出るになり、ビジネスの売上が2倍になりました!

他にも、嬉しい変化が雪崩のごとく起こっています。そのことを簡単に記載させていただきます。

★エネルギーが溢れ出て来る状態に♪
朝起きると、仕事や運動

もっとみる

バイオハッキングセミナー開催!in福岡

【バイオハッキング】

おはようございます!
福岡市パーソナルトレーナー、理学療法士井無田峻です。

ずっと健康でいたい!
歳を重ねても若く居続けたい!

と思いませんか?

ほとんどの方に当てはまるのではないかと思うのですが、人間のカラダは意図的にコントロールできる時代が、来ています。

ここ最近、FacebookやInstagramを通して
バイオハッキングに関する質問をよく頂きます。

バイ

もっとみる

いんとろだくしょん

健康になりたい!健康でいたい!もっと若返りたい!もっと痩せたい!

色々と欲求は増すばかり。

私とて痩せたい、若返りたい、もっと元気になりたい!って思って生きてきました。

小児喘息でひーひーいってた幼少期。発作が起きるたびに病院に担ぎ込まれてどデカい注射を打たれ、親からは本当に困ったもんだと言われ、生理が始まるまでは霜焼けと鼻血に悩まされ、15歳から偏頭痛持ちになり鎮痛剤がないと外にも出れない

もっとみる