A5:こんなにプロフィール写真を撮るとは思わなかった。稼げる確信はまだないです。(回答者:前田高志)



Q5:自分の力に気づいた瞬間。 稼げると確信した瞬間を教えてください。」
ケイイチさんからの質問への回答です。


おおお!マガジン読者さんからの質問イイですね。


ケイイチさんは模索しながら周りの人からスキルを買われて、自然と今のコピーライターという職にたどり着いたんですね。すごくいい流れ。それと何やるかわからないけど、とりあえず辞めたというのがほんとすごい。思い切りが良すぎますよね。なかなか自信がないと思い切れないですよ。


僕の場合、デザインの仕事。高単価を求めなければ仕事はいくらでもあります。ランサーズとかクラウドソーシングが流行り出した時だったし、そこでも仕事がなかったらコンビニバイトやアフィリエイトでもやろうという覚悟でした。ケイイチさんもアフィリエイトのことを書いてましたけど、実は僕もやってました。会社を辞める前にテストをしておきたかったんです。「デザインの仕事じゃなくても稼げるのか。」月10万円超えたらクリアとして、ゲーム感覚ではじめました。会社から帰って2時間の作業。3ヶ月目で13万円になったのでアフィリエイトは辞めました。相当大変ですしね。でも、頑張れば確実に稼げるとわかって不安は少しまぎれました。


ちなみに、アフィリエイトを習っていた人から松原潤一さんを紹介してもらったので、この縁がなければ、さとちゃんやケイイチさんと知り合うこともなかったと思うと不思議なもんです。



独立起業はとてつもなく、ハンパなく、超絶、不安でした。38歳という遅めのスタート。ひとりならともかく、ローンも家族も養わないといけない。これまでゲーム業界1本のキャリアが、デザイン業界でどこまで通用するのか。28歳の時に、good design companyの水野学さんにデザインをほめられたから、そこそこいけるんじゃないかというのはあったけどそれも10年前の話。任天堂での仕事をほめられただけフリーの仕事はまた別モノ。独立起業は僕にとって人生の一大決心でした。でも、すぐにデザインのクオリティは業種関係は全く関係ないとわかりました。世間は思ってた以上に良いデザインというのをあまり知らない。


独立2年目の今でも正直「稼げる確信」は感じていません。もっと僕を知ってもらえれば、もっと稼げるんじゃないかというのはあるのですが、その辺がヘタなのかも(笑)というか、稼ごうと思ったら稼げるんでしょうけど、そこはそんなに大事にしてないのです。いいクリエイティブができて、そこそこお金をもらえたらそれでいい。そこそこ稼ぐために、この間ようやくはじめて集客のセミナーに行ってきました。お客さん増やすより単価を上げてクリエイティブに専念したいんです。


ケイイチさんのようにフリーランスになってから、周りの影響で気がついたスキルあります。プロフィール写真撮影です。僕のはじめて行ったデザインセミナーで、「愛のダメ出し」という企画をやったんですが、その時、営業コンサルタントの方のプロフィール写真にダメ出しをしまくったんです。写真だけじゃなくて髪型や服装、コーディネートまで。そしたら、その人が「いいカメラマンを探します」と言ってたのを聞いて心配になって「もう、僕が撮影します!」と申し出て撮影させてもらいました。ただ、撮影するだけじゃなくて、Webのトップページも写真に合わせてリニューアルしました。


プロフィール写真は、ただ撮影すればいいってもんじゃない。(前田ブログより)



反響がものすごかった。



そして、第2弾。


プロフィール写真、第2弾。がんばりすぎはダメ!(前田ブログより)


こちらも反響があってどんどん依頼がきました。今年は10人以上撮影させていただきましたね。月1限定で受付けています。


僕は写真撮影自体のスキルはそんなにないんです。プロのカメラマンからしたらお粗末なものかもしれません。でも、アートディレクションとデザインでカバーしています。実は、逆にアートディレクションできるカメラマンは多くないんです。ただ撮影するだけの写真スタジオやカメラマンは、ただ単にキレイに撮るだけで、その人のカスタマイズがされていないので効果は弱い。Webサイトのアートディレクション、デザイン、写真撮影してトータル管理やってる人はあまりいなかったので、需要あるのかなって感じています。


プロフィール写真、第4弾。女性ライターはキレイに撮影しない。(前田ブログより)


というか、これができる人ってあんまりいないんです。それにしても、今年こんなに撮影するなんて思ってもいなかったなぁ。確実に今年だけで1万枚は撮ってます。おかげでレンズも増えたし、スキルも上がりました。


↓他にはこんな写真


税理士の谷口さん


放送作家の渡辺さん


弁護士の金子さん


助産師の馬場さん


11月はまだ募集かけてないので、ここで募集(笑)撮影とサイトディレクション希望の方はご連絡ください。早いもん勝ち!宣伝!


この「プロフィール写真撮影&サイトディレクション」のサービスは、来年は企業の仕事を増やしていくので、そんなにできないし、やらない方向で考えています。来年、大企業のコーポレートロゴのリリューアルをやらせていただくことになったんです。これで仕事がまたシフトしていきそうです。


そして、このCIの仕事で結果を出して、来年こそ「稼げる確信」を持てるようになりたいです。そろそろスタッフ雇って法人化かな。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

他のも読んでね!
8

辞めた者たちのリレー式フリーランス会議

企業からドロップアウトした3人がフリーランスについて語ります。イベントプロモーター兼ウェブライター佐藤麻子、コピーライター長嶺圭一郎、アートディレクター前田高志によるのリレー式共同マガジンです。 【毎週 月・木 更新予定!】
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。