見出し画像

前向きなニュアンス

主旨

恥ずかしがらず「~したい」と言っていこう

登場人物

・ロリエくん(カナダ人)
・私(日本人)

会話を楽しんだ場所

亀戸餃子本店
PRONTO亀戸駅店

イントロ

「うまい餃子を食べにいこう」
餃子 LOVER な私たちは、亀戸駅で待ち合わせて行列店へ。
11時半だったがすでに10名ほど先客が並んでいて、最近どんな感じなん?とか立ち話を楽しみながら店員さんに呼ばれるのを待ちました。
20分後くらいに呼ばれ店内に入ると(ほかの店舗とは違い?)勝手に餃子が2皿まず出てくると聞き、ファーストフードの極みは注文さえさせないんですね。
店内の壁にかかっているメニューを見ても餃子と飲み物しかなく、ターゲットが食べ物は餃子以外にいらない人に絞られていて、この会社のコーポレートサイトを開発したいなあなんて思いました。

ロリエは「あまり日本語には自信がない」と謙遜するが、私にとってはノープロブレムもいいところで、会話で不便を感じたことはほとんどありません。
私の日本語が通じるし、なんなら英語で話せばよいのですから。
とはいえ「黒糖ってナニ?」ときかれた私は「ん?ブラックシュガー?」とか答えてしまうほど残念な語彙の持ち主なんですが(笑)
ちなみに正解はブラウンシュガーです。
日本語のブラウンシュガーって黒糖じゃなくない?外来語マジかんべんしてほしい…とかなんとか、八つ当たりしましょう。

※追記
実はブラックシュガーで合ってます?

英語圏で意識して黒糖の流通を見たことがないから「あ、そうかブラウンシュガーか」と直感的に思ってしまいましたが!

Aメロ

「次はどこの国に住むか~」なんて話をしながら餃子をほおばるわけで、店員のおばちゃんは際限なくコップに水を注いでくれます。

ロリエ「Brexit どう思う?」
私「ん~、やってみてダメだったら『ごめんなさい』したらえんちゃう?」
やってみないとわからんぜ理論で、餃子は5皿まで進みました。
いやいや、移民の受け入れっていうのは難しいんですよ。
くわしくはめいろま氏に聞いてください(丸投げ)。

イギリスとEUの関係を持ちだすなら、イギリスとスコットランド、カナダとケベックなどいろいろあるやろがい、みたいなことから、いや~…離脱もいいけど国防どうする?とか、ロリエも私も責任を負っていない話題で盛りあがりました。

話が尽きないので、コーヒー飲みに行こう、とコーヒーショップへ(ここはオランダじゃなく日本)

Bメロ

なにやらキャンペーン中らしく、ロリエの注文した飲み物にはスクラッチカードをこする権利が付随しました。
さっそくコスコスすると、トートバッグが当たり!

「あ~ラッキー。きょうから人生かわるかもしれないね」

こういうひと言がさらっと出るロリエのキャラクターが心底すばらしいと感じるわけです。

で、けっこうプライベートな話題に言及し「あれは私にとって need じゃなかったね」と言われ「もっとくわしく教えて? require との差分の話?」とググっと。
必要性の強さについてかと文脈で推察しました。
半分ただしく、結論から言うと、need と want の違いでした。

BHN って聞いたことあります?
ベーシックヒューマンニーズという、人が生活を送るのに必要とする基礎的な事項で、ジェトロ・アジア経済研究所の野上裕生氏の言葉を拝借すると、

最低限の消費、適切な食糧、住居、衣服などのほか、安全な飲料水や公衆衛生へのアクセス、公共交通の利用、医療や教育、さらに雇用や人権の保障など

をさす概念とのこと

この BHN に関連する話題ではなかったのですが、要するに need というのはそもそも強い意味をそなえる言葉で、「生きるのに不可欠」と置きかえられるようなたぐいの事象をさすものとすれば、そこまでではなく want だった、と。
なるほど、と我をふりかえると、I need to do this みたいなふうに、need need 言っちゃってた気がしますなあ

サビ

同様に、I have to do this みたいなのも、そこそこ頻出のような…。

日本語だと、とくに勤務中わりと気軽に「~が必要」とか「~がないといけない」とか言いますよね。
その感覚をロリエに説明すると、

「have to を避け、get to や want to や be going to を意図して使うようにしている人もいるようだ」

との回答。
やはり意味が重いので、代わりに「~するチャンスがある」「~したい」「~しよう」と表現することで、よりポジティブに感ぜられるようにしているらしいです。
この考え方はとてもしっくりきました。

「それほんとに必要?ほんとに義務?」とセルフツッコミせずにすみますね。
毎日「これやらなくちゃ」と口にするより「これやりたい」と言いつづけたほうが、不思議とできるようになる気がします

アウトロ

とはいえ "やるやる詐欺" があってですな、

ちゃんちゃん

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thanks! https://twitter.com/toruhjp
1

トル

事業企画/ITプロジェクトマネージャなど。ソフトウェア開発の契約前段階から適切にディレクションすることで案件が炎上するのを予防します。間違っていることより間違いに気づかないことのほうが怖いですw
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。