2019/09/16 NewsPicksオリジナル記事感想まとめ

◎注意事項

・あくまで「個人的な意見、感想」です
・記事の詳しい内容は省く方向で、その場の気分で書いてます
・興味がなかったり、時間が無かったりで読まない記事もあります
・問題があれば削除します

本日の内容はこちら

1、【混迷】合意なきEU離脱を扇動する「英国のラスプーチン」の素顔

初めて知った。今のイギリスではこんな人おるんやな。

ちなみにラスプーチンってのはロシア帝国(ソビエトになる

もっとみる

移民に優しくないイギリス、優しいドイツ。複雑な日本

夫は5年間イギリスの会社で無期限契約で働き、ヨーロッパ人の同僚に教える立場にいたのに、イギリスの滞在許可を5年までしか延長できず、2019年6月末に滞在許可が切れた。(違うタイプのビザを初めから取得できていたら永住権を申請できたのだけれど、そのタイプのビザの取得は難しく、やや取得しやすいビザで入国してしまったのが間違い)

私は、2017年9月にイギリスに移ったのだけれど、2018年9月にイギリス

もっとみる

2019/09/09 NewsPicksオリジナル記事感想まとめ

◎注意事項

・あくまで「個人的な意見、感想」です
・記事の詳しい内容は省く方向で、その場の気分で書いてます
・興味がなかったり、時間が無かったりで読まない記事もあります
・問題があれば削除します

本日の内容はこちら

1、【3コマでおさらい】長引くブレグジットの「核心」を整理する

イギリスがこのままEU離脱なら、歴史の教科書には確実に載るレベルだろうなぁ。

欧州って日本からしてみれば一つの

もっとみる

混沌としてきたイギリス議会

大英帝国は何処へ向かうのでしょうか?(挨拶)

先日、合意なき離脱回避法案がイギリス議会で可決され、その後、議会解散動議は、否決されました。

まさに山場を迎え、ボリスジョンソン首相は、難しい舵取りをしなければなりません。

合意なき離脱しないに越したことないですけど、メイ前首相の下、与野党ともにイギリス議会は、責任ある対応をしたでしょうか?

疑問か残ります。

とはいえ、疑問より、離脱期限の方

もっとみる

BOLLOCKS TO BREXIT

ウェストミンスター宮殿周辺ではブレグジット反対派のデモと遭遇。
移民を受け入れるという事はどういう事なのか。しっかり考えていかないと、10年、20年後には少子化が進む日本も他人事ではないのかもしれない。
イギリスとしてもここまで大事になるとは予想外だっただろうけど。
グローバル化の反動から発生したナショナリズムとのせめぎ合いに妥協点は見つかるのかな。
反移民と産業保護政策を掲げるトランプ政権の誕生

もっとみる

英国総選挙? 香港、「逃亡犯条例改正案」を正式撤回、アルゼンチン部分的債務不履行... - 揺れ動く世界情勢とマーケット。

8月31日付の投稿「ボンド回顧録 其の2」で書いたばかりだが、さすがイギリス人、予測通りに早速「総選挙」の話が持ち上がってきた。イギリスの総選挙では本当にろくな目にあっていない。損をした記憶のみである。

 筆者はポンドを買い込むタイミングを計ろうとは思っているが、相当な相場変動を覚悟しなければならないだろう。何しろシナリオが①EUとの合意なき離脱、②EUと合意の上離脱、③離脱期限の延期、と相場の

もっとみる

ポンド回顧録 其の2 - あるイギリス人のつぶやき。

「BREXITが済んだらポンドは上がると思うんだよね」

 「そうだね、ポンド円で120円台は買いかもね」

 勤めていた銀行の元同僚(正確には2つ年下の「元上司」だが、20年以上の長い付き合いなので同志というか友達。この辺が外資の良いところ)とランチをした帰りでの会話。

*ちなみにランチはいつも彼の大好きなトンカツ。スシや天ぷらほど和食として知られていないが、安いし、外国人を連れて行くには超お

もっとみる

ブレグジットに備えて注目すべきポイントと今後のポンド相場の見通しは?

※こちらはオンラインセミナー「マネトレ」の講演内容をベースにしています。

***

ブレグジットまで残り2カ月となった今、特に抑えておきたいポイントを大きく3つに分けて考えてみます。

ジョンソン英首相とEUとの交渉

8/21の英独首脳会談では、メルケル独首相が離脱協定案の焦点となっているアイルランド国境問題の解決策について30日以内に代替案を提示するよう求めました。
また、8/27にはユンケ

もっとみる

スコットランド保守党党首Ruth Davidson が辞任発表

円高・米ドル安見通しが継続(2019年8月調査)

外為どっとコム総研では毎月お客様に対してアンケート調査を行い、外為短観というかたちでまとめています。全編はこちらでご覧いただけます。以下、印象的な調査結果を掲載します。

***

今後1カ月間の米ドル/円相場の見通しについて

「今後1カ月間の米ドル/円相場の見通し」については、「米ドル高・円安方向」と答えた割合が26.2%であったのに対し「円高・米ドル安方向」と答えた割合は52.3%であった。

もっとみる