真の強さと向き合って ~2013年11月の日本対オールブラックス~

奮戦するも、崩すに至らず。そんな印象がひたすら続いた80分間だった。

前半20分まではセットプレーで優位に立ち、五郎丸のペナルティゴールで6-7という試合展開に持ち込む。オールブラックスもミスを連発していたのは意外だった。
しかし、ハイパントの処理やブレイクダウンで後手になってしまい、その後はオールブラックスペース。攻撃では球出しのスピード、守備は大外の数的不利という課題を残した。

オールブラックスの怖さをより実感したのは、後半の40分間だった。
試合前に僕は、「両者に横たわる個人の力量差を把握したい」と記した。それが結局何だったのかというと、「修正能力」だと思った。
前半の戦いをヒントに、次第に対応力を上げ、攻略法を見出すオールブラックス。セットプレーでの変貌ぶりは思わず他のチームを見ているのでは? と錯覚したくらいだ。
攻撃で執拗に狙われたのは大外の裏……個人名を挙げれば、藤田の裏だった。バリット、ピウタウのトライはその最たるもの。とは言え、藤田個人の責任というよりも、バックス全体のポジショニングも考慮しなければならない。組織的守備の未整備は春からの課題だったが、残念ながら改善の兆しは見えない。

不利な状況の中、日本は流れを変えられなかった。廣瀬のキャプテンシーを感じるシーンも乏しく、控えのメンバーにも「スーパーサブ」と思しきメンバーはいない。トンプソンのプレーからは気迫が伝わったが、焼け石に水だった。
気持ちの問題と言うよりかは、ゲームメイキングできる「賢さ」という部分で差がついてしまったことを踏まえ、今後の戦い方を煮詰めていかなければならないだろう。

会場の雰囲気についても一言。
応援の盛り上がりとしてはウェールズ戦の方が上だった。オールブラックスを尊敬するあまり、「お客さん」というかたちで受け止めてしまったのではないだろうか。かく言う僕自身も、その雰囲気に飲まれてしまったのだが……。
例えオールブラックスだったとしても、お客さんじゃなくて、敵として迎えられるかどうか? というのがスタンド側の課題である。
故宿沢広朗氏は「試合前後は戦争で、試合後のみ平和が訪れる」とテストマッチを定義していた。
もちろん、試合前後の暴力行為や過度の煽りは推奨しない。しかし、何らかの特別な高ぶりがある試合だということを、頭の中に入れて相手チームを捉えるべきだろう。

もちろん、その逆の「サポートの文化」も大切に育てていかなければならない。代表ユニフォームで応援しよう! という「RED OUT」プロジェクト始め、試みは幾つか成功したと思う。
ただし、ピッチのプレーと同じで、代表戦だけで一気にできるものでは無いと思う。普段から「サポート」という視野で、贔屓のラグビーチームを応援できるかということも、併せて自分の中の課題としたい。

【SCORE】
<開催日> 2013年11月2日 14時キックオフ
<競技場> 秩父宮ラグビー場
<試合結果> 日本代表 6(2PG)-54(8T7G) ニュージーランド代表

※本稿は2016年1月に発売した「ラグビー選手になりたかった」に収録されている試合雑感です。Amazonなどでもお買求め頂けますので、この機会にぜひ。

さて、思い出話ばかりでは寂しいので、未来の話も。明日の対オールブラックス戦は5年ぶりとなります。この5年間で何が進化してきたのか? を確認する舞台です。
スコア的な希望を申せば、「2トライを奪う」「6トライ以内に失点を抑える」の2点が達成できればバンザイです。オールブラックスはどんなラグビーチームとも異なる強さとオーラがあります。ですが、この5年間で積み重ねた経験値、そして相見えたティア1諸国やSRチームの強さをモノサシにすれば、「距離がわからず恐怖に怯える」こともないと思うのです。

堂々と戦いましょう! 私も堂々と応援してきます!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

どうもです。このサポートの力を僕の馬券術でウン倍にしてやるぜ(してやるとは言っていない)

どうもです。好きなみそ汁はワカメと玉ねぎです
5

和良 拓馬

1988年3月生まれ、神奈川県横浜市出身。しがないサラリーマンを続ける傍ら、2014年11月よりセルフパブリッシングをスタート。「インディ・スポーツライター」を(勝手に)自称し、人々がスポットライトを当てないスポーツの面白さや驚きを伝え、暖かく見守り続けて参ります

Sports Short Films

自称インディーズスポーツライターの当方がつらつらと記した文章をひたすら載せていくマガジンです
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。