横石 崇(Tokyo Work Design Weekオーガナイザー)

&Co.代表取締役。国内最大規模の働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」代表。「六本木未来大学」講師を務めるなど年間100以上の講演やセミナーを実施。鎌倉のコレクティブオフィス「北条SANCI」支配人。著書に「これからの僕らの働き方 」(早川書房)

「平成生まれ」ならではの”働き方の悩み”を集めてみた。

先日、「平成生まれ」100人ほどに集まってもらい、キャリア相談会イベントを開いてみました。

↓告知ページはこちら(会場は渋谷ヒカリエ)↓
「平成生まれ」のための令和的勤労戦略大相談会 石トリオ(石川善樹✕石川俊祐✕横石崇)

集まった人たちは今年31歳以下の若者たちで、会社名までは把握できていませんが、ほとんどの参加者はいわゆるホワイトカラーと呼ばれるオフィスワーカーです。

ここでは「平成生ま

もっとみる

『自己紹介2.0』って本を、2本の線だけで説明する。

『自己紹介2.0』とはどんな本なのか?を一言で説明するのに困っていた矢先、共同研究者のひとりである石川善樹さんが、先日のTWDWキックオフで
こんな風にしてうまくまとめてもらいましたので、ご紹介させてください。(おかげさまで反響もよく、売れているようです)

縦軸に「We(私たち)」と「I(私)」を置いて、横軸に「過去(実績や肩書)」と「未来(意志や時代観)」を置いて、4象限をマトリクスをつくりま

もっとみる

なぜ、Twitterもnoteもやらない僕が本を出せたのか?

この度、二冊目となる著作をだす機会に恵まれました。一冊目は僕がインタビューする編著本だったので、単著として世にでるのは初めてのことです。
自分が普段から考えていることが本になるのはこっ恥ずかしいことでもある反面、分身ができたみたいで嬉しいものです。

しかし、なぜブログもやったことなければ、Twitterもやらないインフルエンス力がない無名の人間が本を出すことになったのでしょうか。(Faceboo

もっとみる

新刊『自己紹介2.0』の本文一部を発売前に公開します。

自己紹介研究をしてきた成果をまとめました著作『自己紹介2.0』(横石崇・著)がKADOKAWAより2019年5月24日(金)に発売となります。テーマは、新時代で活躍する人のための「自己紹介」です。

働き方や仕事観に変化が求められる現代で、私は、すべての仕事における原点ともいうべき「自己紹介」にも変革が必要でないかと考えてきました。
そしてこのたび、その研究を続けてきた成果や仮説が、1冊の書籍とし

もっとみる

インフルエンザだからこそ、出会えることもある。

インフルエンザが猛威を振るっている。僕もこないだインフルエンザを患った。ただ、新薬のおかげで熱の引きも早かったように思う。ところが熱が若干下がっても関節に痛みがあったりと、数日間は出勤が認められまでは自宅でリビングデッドな状況を過ごさなくてはならない。

こりゃどうしたものかと、仕事をするにもやはり集中できず、テレビを見るにも、本を読むにも、頭痛が起きて困っていたところ、漫画を読んで過ごすのが丁度

もっとみる

今年のキーワードは「思い込み」

思い込みとは恐いものである。

ついこないだインフルエンザになった。脱水症状にならないように頑張って経口補水液「OS-1」だけをがぶ飲みしていたのだが、「それ、ダメダメ」と医者から注意されてしまった。どうやら、OS-1をたくさん飲んでしまうと、塩分過多になってしまう可能性があるようで、水と一緒に定期的にちびちびと飲むのがよいとのこと。知らなかったら、毎日健康のためと言いながら飲み続けていたに違いな

もっとみる