食×テクノロジーで未来をどう描くのか?

昨日、大学で田村浩二さんのお話を聞きました。

F3Desing 株式会社の代表取締役・シェフです。

美味しいケーキありがとうございました😂


講義を聞いて、「食を守るのは生産者と消費者の両方」という話には心が打たれました。

料理人が美味しい料理を作っても、消費者がその料理の美味しさがわからなければ価値がないものになってしまうということです。

多くの日本人が、和食よりもコンビニ弁当が美味しいと感じるようになれば、和食はコンビニに負けてしまいます。


私は一人暮らしで自炊することが多いです。

自炊の内容は、野菜と肉を調味料で炒めるというもの。

素材の味を感じることはほとんどないし、家で食べる食事は栄養を体に入れるための作業になっていました。

自炊をしていることを誇っていた自分が恥ずかしい、、


講義を受け、一回の食事を大切にして自分の味覚を磨くことが日本の食を守ることにつながると気づかされました。レシピ本買って、料理の腕磨いていきます!

貴重なお話ありがとうございました!


P.S.

田村さんが5/31にmakuakeで「Mr.CHEESECAKE」のクラウドファンディングをします。興味ある方は覗いてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

みつもと

東京大学4年生。エネルギーや環境のシステム創成について学んでいます。 ◾️趣味:サッカー・欅坂46(鈴本美愉)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。