甘辛嫌いのグルメリポ10 〜神楽坂、割烹、和食コース、日本酒

・リーゾナブルで雰囲気のいい和食コース
・日本酒も楽しみたい
・得意先との会食に使いたい
・外国人に和食を紹介したい

先日、仲良くさせてもらっている自営業者仲間といった神楽坂の素敵なお店を紹介したいと思います。路地裏にある隠れ家的雰囲気のお店。もともとは民家だったのを改造して作られてます。

一階はカウンターのみ。2階にテーブル席が10席くらい?飾られた絵画や小物が純和風の美意識の中に絶妙な現代

もっとみる

人の作ってくれたごはんはなぜこんなに美味しいのだろう。

郷土料理と日本酒のお店、と謳っているので、旅先のごはん、郷土料理は勉強になる。

普段作る側なので、結構何を食べてもいちいち美味しくて感激してしまう。

昨日も書いたけど、その土地の鮮度には勝てない、どんなに小手先の技を使って料理に仕立てても、地のものの素朴な美味しさの前では無力だなぁと思う。食材の前ではおこがましくて、ドヤ!なんて出来ない。

だから、うちは、旅先で出会ったものを岩手や東北食材、

もっとみる

美味しいって何だろう?地産地消が一番なのかもしれない。

私は、なんか考え過ぎるタチで、本を読むのも好きだし、人も謎だし、よくわかんないことを考え抜きたいということで哲学科を選んだ。 

さらに、自分なりの思考や表現方法や人との関わり方の手段?仕事?として、料理がしっくりきたので料理人になった。

ゆえに、美味しいってなんぞや?とよく思う。

考え過ぎて自信なくす。考えるな、感じろ、の部分もあるし。美味しいって、それぞれの感じ方なので。

何をもって美味

もっとみる

今日の朝ごはん (6/21)

久しぶりの和食朝ごはん。

ごはん、目玉焼き、ウインナー、鶏つくね、大根との煮物、もやしとねぎのお味噌汁。和食だとついつい品数が多くなります。

鶏と大葉のつくね(左)と大根とかすべの煮物(右)。
「かすべ」とはエイのこと。えいひれの「えい」です。
えいひれ、美味しいですよね。日本酒を片手に、炙りたてのエイひれを噛み噛み…最高です。しまった、朝ごはんの記事なのに。

煮付けは柔らかくて美味しいです

もっとみる

さよならだけが人生ならば

悪い予感が当たってしまった。

noteを始めて少し経ち、とりあえずのんびり継続して書いてみようと思っていた矢先、一緒に働いてきた料理人が辞めることになって、メニューやオペレーションの練り直しに追われることとなり、呑気に構えていられなくなった。

うすうす、そんな気がしていたけど。

幸い、替わりに入ってくれる子が見つかり、一安心。私一人じゃ何も出来ないから。

人の入れ替わりの多い仕事だ。出逢い

もっとみる

必ず最後に米が勝つ

究極と至高

 唐突ではありますが美味しんぼというアニメが好きです。
遡れば20年以上前、親戚の家に全巻揃っていたのでよく借りて読んでいました。そして今は愛して止まないNetflix様で見させていただいている。

好きな話は
・活きた魚
・寿司の心
・飯の友
・愛の納豆
この4つです。

活きた魚は、偉そうな社長が偉そうに見せびらかす水槽のシマアジを社員の子どもが美味しくないと言う→社長ブチ切れて

もっとみる

鯖の胡麻和え

鯖缶を使った混ぜるだけのらくちんレシピです。ごはんのおかずにもいいですが、うどんなどにのせても美味しそうです。

鯖の水煮缶 1缶
玉ねぎ 1/2個
大葉 4枚くらい
しょうが 半片
醤油 大さじ1
砂糖 大さじ1
すりごま 大さじ2

1.玉ねぎは薄切りにして水にさらす。
大葉は細切り。
しょうがはすりおろす。

2.玉ねぎの水気をきり、材料を混ぜる。
トッピング用の大葉をすこしとっておく。

もっとみる