夏が終わる前に楽しみたい、美味しいアイスコーヒーの淹れ方

こんにちは、川野優馬です。

8月で夏も後半ですが、夏が終わってしまう前に、僕がおすすめしたい美味しいアイスコーヒーの淹れ方をご紹介します。

僕のLIGHT UP COFFEEでもこのレシピを基準に提供しています。


急冷ドリップでつくる、フレッシュなアイスコーヒー

やっぱり一番美味しく仕上がるのが、ハンドドリップ

を入れた容器に濃く抽出し、氷が溶けて薄まってちょうどいい濃さになる、という仕組み。

ドリップはやっぱり紙のフィルターで濾すので透明感が最高です。


レシピ

コーヒー豆:20g 細挽き
お湯:150ml 90度以上
氷:4-6個くらい
時間:蒸らし30秒 合計2分

順を追って紹介していきますね。


・1杯分 20gのコーヒー豆

まずは豆を用意。ミルがない方はお店で挽いてもらっても。

濃く抽出するために少し多めの豆量で。ホットコーヒーだと15g使うので、それよりも多く使います。


・少し細挽き

冷たいと感じにくくなる「甘み」をしっかり出しきるために、細かめの挽き目がおすすめです。


・氷、お湯、スプーン、スケール、タイマーを用意

用意する道具はこんな感じ。

ドリップを受けるグラスやサーバーに氷を4-6個くらい入れます。

お湯は沸騰したお湯をそのままケトルに移せばOK。90度以上の比較的高温で抽出した方が、香りも甘さもちゃんと出ます。150g注ぐのでそれ以上あれば適当な量で大丈夫です。多く用意した方が注ぎやすいかも。やかんやティファールから直で注いでもOK。

紅茶と同じように、コーヒーも抽出時間がとっても大事。注いでいる時間を計るタイマーと、濃さを守るために重さを測るスケールを用意しましょう。


・抽出ステップ1 - 蒸らし

粉全体が十分濡れるだけのお湯をかけます。お湯がかかると同時にタイマーもスタート。だいたい30-50gくらいのお湯で十分全体が濡れると思います。

30秒の間濡れた状態で置いておき、蒸らすことで、成分が溶け出やすくしています。


・抽出ステップ2 - スプーンで粉を混ぜる

お湯をかけた直後、すぐさま蒸らし中にスプーンで粉全体を10秒ほどしっかりかき混ぜます。粉全体がムラなく蒸らされるように、そして成分が出やすくなるために。最初にスプーンで混ぜるだけで味の輪郭がはっきりしたアイスコーヒーになります。


・抽出ステップ3 - 30秒後再び注ぎ始め

30秒の蒸らしが終わったら、注ぎ始めます。
蒸らしを含めて、合計150mlのお湯を2分かけてゆっくり注ぎます。


・抽出ステップ4 - 合計2分で150mlのお湯

注ぎきりでこんな感じ。蒸らしを含めて150mlのお湯を、これまた蒸らしを含めて2分で注ぎきりました。
あっという間に注げてしまうので、休み休み何回かにわけて注いでいきましょう。

時間が短すぎると、甘みが出切らず酸味が目立つコーヒーになってしまうので、ゆっくり時間をかけることが大事。


・落ち切ったらできあがり!

ポタポタ落ち切ったら、ドリッパーを外します。
少し混ぜると氷ですぐにひ


氷を入れたグラスに注いで。できたての透き通った味わいが暑い日には最高です!!


気軽に美味しいアイスコーヒーを!

ドリッパーはどんなものでも、豆とお湯の分量、時間を守れば大丈夫。コーヒーは素材勝負です。(ちなみに僕はカリタウェーブドリッパーを使っています。)


風味を出しきるために2分かけて。

ちょうどいい濃さになるように20gの豆、150mlのお湯で。


豆が美味しければ、この淹れ方できっと美味しくなるはず。

ぜひ暑いうちに、家で美味しいアイスコーヒーを楽しんでみてください!


また涼しくなったら、ホットのドリップの淹れ方も紹介したいと思います。



川野優馬
LIGHT UP COFFEE


さいごに

ご興味を持ってくれた方、どんどんご連絡・フォローいただけたら嬉しいです!

Twitter: @yuma_lightup
Instagram: @yuma_lightup

LIGHT UP COFFEEのコーヒーはこちらから: https://lightup.stores.jp



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

114

#フード 記事まとめ

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。
5つのマガジンに含まれています

コメント1件

水出しのダッチコーヒーかと思ったらお湯で抽出しているのには正直驚いた!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。