「えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる」

この本を好きなのだったら、それはもう私の好きな人に間違いない。

好きな本は数あれど、そう思える本はたった1冊だけ。

今日のタイトルにもさせてもらった、この本。

**「えいやっ!と飛び出すあの一瞬を愛してる」

**

この本は、ジャンルでいうと「ブログ本」にあたる。小山田咲子さんという女性が、数年にわたって綴っていたブログを1冊の本にしたものだ。だけどいわゆる「ブログ本」の印象を軽やかに裏切る、エッセイの真髄のような本である。

「えいやっ」と出会ったのは、大学1年の冬。
大好きな友人の家に遊びにいったときだった。

「ぽんずはきっとこれ好きやと思う」前もってそう教わっていたにも関わらず、自分で買うのがめんどくさくてまだ読んでいなかった。なのに、彼女の家で手に取ったが最後、人の家だというのにページをめくる手が止まらなくなってしまった。



世代のせいか性格のせいか、あんまり「憧れの人」というのはいない。あの人の文章が好きとか、この人の仕事の仕方が好き、とかはあるけれど。だけど小山田さんのことはまるっと全部好きだ。文章しか知らないのに。

会ったこともないのに、私はこの著者の小山田さんのことが大好きだ。

いつも心のすみっこで、彼女の年齢を追いかけながら学生生活を送っていた。なのに気づいたらもう、とっくに彼女の年齢を追い越していた。彼女はもういない。だけどこの本は、若くして亡くなった「かわいそう」な女性の手記なんかではない。強くて、きらめいていて、やさしくて、ときに弱い。

私がずっと憧れている「ブログ像」はきっとこの本なのだと思う。

学生のころ、こんな文章を書きたくて、何度かブログに挑戦した。でも見てくれる人なんていなかったし、友人に打ち明ける勇気もなくて結局挫折しまくった。

うーん、どうやったらうまく伝えられるだろう。自分語りをしたいわけじゃないのに。私の拙い文章で褒めれば褒めるほど、この本の魅力から遠ざかってしまう気がする。

タイトルにもなっている、一番好きなところだけ抜粋させてほしい。世界中を鮮やかにかけぬけた彼女の言葉だ。

 実際のところ旅行ってあんまり得意じゃなくて、地図は読めないし英語も下手だし、スリも誘拐も食あたりも怖いので、私には家でじっとしてる生活の方が向いているのだろう。

 しかし、もう結構息苦しい。日常の雑事を全てとりあえず収めるべき場所に収めて(あるいはなかったことにして)深夜に荷物をまとめ、えいやっと部屋を飛び出す、あの一瞬をやっぱりどうしても愛してると思う。

 穏やか日常に幸せを感じるのと同じ強さで今、いなくなりたい。


この本に関しては、なぜだかうまく言えないけどAmazonリンクを貼りつけるのが不粋な気がしてならない。

気になった人はどうか、ぜひ手にとってみてほしい。友人がひとり増えたような気持ちにさせてくれる、あたたかい本です。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら、旅に出たときのごはん代にさせていただきます。旅のあいだの栄養状態が、ちょっと良くなります。

そのスキが励みです
77

ぽんず

【Pick】お気に入りのnoteをセレクトしています。

コメント8件

はじめまして!勝手にぽんずさんのファンをやっているので、この本買ってみます!(>_<)
さっそくぽちった!
たけのこさん、Naoさん、ありがとうございます😳💓どきどき!ですが、きっと後悔しない読書体験になると信じてます!
ずっと前から好きなこの本の感想がふと久しぶりに見たくなって検索したらこのnoteにたどり着きました。ぽんずさんの文章が好きでずっと読んでいるのですが同じ本が好きで嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。