千夜千冊Lab

14
ノート

インドから日本へ『夜の木』出版物語 −−タムラ堂・田村実さん(後編)

「千夜LAB」では、本の制作の裏側、ものづくりの秘密にも迫ります。今回は、インド発祥の絵本『夜の木』を日本に輸入し、日本版を出版したタムラ堂の田村実さんにインタビューしました。後編では、インドのTara Booksでの本づくりの秘密をご紹介していただきました。

▽田村 実(たむら・みのる)
福音館書店で絵本編集長として絵本や幼年童話などの編集に携わったあと、2012年から「タムラ堂」を名乗り、絵

もっとみる

インドから日本へ『夜の木』出版物語 −−タムラ堂・田村実さん(前編)

「千夜LAB」では、本の制作の裏側、ものづくりの秘密にも迫ります。今回は、インド発祥の絵本『夜の木』を日本に輸入し、日本版を出版したタムラ堂の田村実さんにインタビューしました。1冊の絵本のために出版社を立ち上げた田村さんの思いに迫ります。

▽田村 実(たむら・みのる)
福音館書店で絵本編集長として絵本や幼年童話などの編集に携わったあと、2012年から「タムラ堂」を名乗り、絵本出版を中心とした活動

もっとみる

ドミニク・チェンが語る「千夜千冊とイン ターネットと発酵」〈中編〉

「千夜千冊」にまつわる人々をインタビューし、千夜について、本につ いて、読書について語ってもらう「Senya PEOPLE」。インタビュー第 一号は情報学研究者であり、実業家でもあるドミニク・チェンさんで す。前編では千夜千冊との出会いから研究されてきた分野の話を伺いま した。中編のテーマは「継承すること」です。

▽ドミニク・チェン(Dominick Chen)
1981年、

もっとみる

ドミニク・チェンが語る「千夜千冊とインターネットと発酵」〈後編〉

「千夜千冊」にまつわる人々をインタビューし、千夜について、本について、読書について語ってもらう「Senya PEOPLE」。インタビュー第一号は情報学研究者であり、実業家でもあるドミニク・チェンさんです。いよいよ「発酵」の秘密が明らかになります。

▽ドミニク・チェン(Dominick Chen)
1981年、東京生まれ。フランス国籍。博士(東京大学、学際情報学)。NPO法人コモンスフィア(旧クリ

もっとみる

作家・池澤夏樹が考える「日本語と編集」〈後編〉

「千夜千冊」にまつわる人々をインタビューし、千夜について、本について、読書について語ってもらう「Senya PEOPLE」。今回は、現在、『日本文学全集』(河出書房新社)の個人編集をつとめる作家の池澤夏樹さんにインタビューをしました。後半は「古典と現代語訳の話」から「文学全集」制作の経緯をお話いただきました。東日本大震災以降、『日本文学全集』制作に掛ける思いとは。そして池澤さんにとって「編集」とは

もっとみる

作家・池澤夏樹が考える「日本語と編集」〈前編〉

「千夜千冊」にまつわる人々をインタビューし、千夜について、本について、読書について語ってもらう「Senya PEOPLE」。今回のインタビューは作家・編集者の池澤夏樹さんです。「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」『日本語のために』では千夜千冊554夜『五十音図の話』(馬渕和夫)を収録いただいています。前半は『日本語のために』の編集プロセスを中心に、日本語の問題について語っていただきました。池澤さん

もっとみる

一冊一声「声の福袋」単品にて大公開

2017年の新春特別ギフトとしてお届けした「声の福袋」は大好評のうちに販売を終了いたしました。

たくさんの方々にお正月のお供として一冊一声をお楽しみいただけました。ご購入いただいたみなさま、誠にありがとうございました。

残念ながら福袋の購入を逃された方のために、1夜ずつ単品での販売を開始させていただきます。

一挙15夜の公開となります。『いきの構造』から『パサージュ論』まで、宮本武蔵からウイ

もっとみる

スキャパレリを日本に紹介した男・長澤 均(後編)

「千夜LAB」では、本の制作の裏側、ものづくりの秘密にも迫ります。今回は、『ショッキング・ピンクを生んだ女』のアートディレクター・長澤均さんにインタビューしました。後編は、スキャパレリとの出会いからファッション史のヴィジュアルアナロジーをたっぷりとお話くださいました。

▽長澤 均(ながさわ・ひとし)
1981年にカルチャー雑誌『papier colle』を創刊。同名のデザイン事務所を設立。川崎市

もっとみる

スキャパレリを日本に紹介した男・長澤 均(前編)

「千夜LAB」では、本の制作の裏側、ものづくりの秘密にも迫ります。今回は、千夜千冊1528夜『ショッキング・ピンクを生んだ女』(ブルース・インターアクションズ)でアートディレクター・翻訳監修を務めた長澤均さんにインタビューしました。パリ、ロンドン、ベルリンと各国のファッション史にも精通している長澤さんは19世紀まで遡ってモード雑誌等を蒐集しているコレクターでもありました。

▽長澤 均(ながさわ・

もっとみる

猫的方法を学ぶための三冊

領域を超えた知と知をネットワークする「千夜千冊」では、一見関係のない「夜」でも、つなげてみると新しい風景が見えてきます。「千夜三冊」と題して、掘り出し物の千夜をご紹介します。

 柔らかい毛並みに大きな瞳、つやつやとした桃色の肉球。甘えたかと思うと、すぐにどこかへ行ってしまう。古来猫たちは人を魅了し、慰め、癒してきました。しかし猫の魅力は可愛らしさだけではありません。
 ときに生物学者を困らせ、国

もっとみる