文系大学院で浮世から離れて文化とは何かを考える日々、に戻りたいと思う毎日。川崎フロンターレサポです。サッカーを文化に。 twitter:@frontale_foot6
固定されたノート

2019年note、3つの方針。

2019年の方針
 今年も半月(1年の4%)が経ちました。遅ればせながら2019年のnoteの方針ですが、次の3本柱でいきます。

川崎フロンターレのレビュー
書評
サッカーと文化

自分の中の師匠
 2018年2月から始めたnoteについて軽く振り返ると(興味なければ最後の「3本柱」を読んでください!)、始まりは以前から読んでいた西原雄一さんの川崎フロンターレのプレビューとレビューを真似てみたい

もっとみる

【Review】2019年J1第15節 川崎フロンターレVS.コンサドーレ札幌「2トップへのこだわり見せた鬼木監督」

はじめに

 2019年J1第15節の川崎フロンターレは、1-1でコンサドーレ札幌と引き分けした。11戦負けなしも、2試合連続の引き分けです。
 2トップにするも得点は少なく、車屋の右サイドバック起用など采配に不満が残った方も多いのではないでしょうか。というわけで今回は采配をメインに考えていきたいと思います。

2トップを起点にしたスタメン

 浦和戦に続いて2トップで挑んだ川崎ですが、実は大分戦

もっとみる

【Review】2019年J1第14節 川崎フロンターレVS.浦和レッズ「岩武を封じるにはまずは岩波を。」

はじめに

 2019年J1第14節の川崎フロンターレは、1-1で浦和レッズと引き分けました。ラストプレーでこぼれ落ちた勝ち点3。なんともいえない疲労を感じた試合後でした。
 全体で見れば守勢に回った前半を凌いで後半の反撃に繋げた修正力、対応力は見事だったと思います。相手の情報が少ない中でも、試合と向き合って対応出来る力が付いてきたと感じた試合でした。

気迫の守備の矛先は…

 大槻新監督の下で

もっとみる

【Review】2019年J1第13節 川崎フロンターレVS.大分トリニータ「両面作戦の大分から主導権を奪って宙に投げた川崎」

はじめに

 2019年J1第13節の川崎フロンターレは、1-0で大分トリニータ勝ちました。
 ともにリーグ戦で長らく負けてないチーム同士の対戦。相手は昇格組とは思えない完成度だと評判の片野坂トリニータ。何よりも名古屋に続いて順位が上ということで、舐めてかかったらやられる相手です。
 そんなこと重々分かってるよ、と言わんばかりに用意周到だったのが今節の川崎で、相手のやり方をリスペクトした戦い方で見

もっとみる

【Review】2019年J1第12節 川崎フロンターレVS.名古屋グランパス「相手が速い方がかわしやすい、って言ってましたよね風間さん」

はじめに

 2019年J1第12節の川崎フロンターレは、1-1で名古屋グランパスと引き分けました。
 試合前から両チームサポーターがそわそわしていた今節、かくいう私もワクワクしていて、和幸のとんかつと共にこの一戦を満喫しました。
 名古屋優位で進み、率直に負けてもおかしくなかったと感じます。特に65分のソンリョンのビッグセーブがなければ負けていたでしょう。それでも引き分けを拾えたのはなぜなのか。

もっとみる