マーケティングにおけるコラボレーションの源泉

こんにちは、PR&マーケティングディレクターの石本です。

今回は、「マーケティングにおけるコラボレーションの源泉」がテーマです。

そもそもコラボレーションは、co - labor - ateと分解すると、「共に-働く-をする」というとてもわかりやすい言葉です。

マーケティングにおいて、については、双方の利害関係がもちろん一致する場合なのだけれど、単なる必要性だけでは、コラボレーションは実現できないのです。

コラボレーションにおけるNeedsとWants

もちろん、コラボレーションをする際には、自社だけでソリューションを提供するのではなく、顧客の目的を達成するためには、ときに他社・他者の力を借りてでも達成する必要(=Needs)がある場合が考えられます。

Needsについては、具体的には以下の点をしっかり満たしているかどうか、が判断基準になるかと思います。

①ターゲットとなる顧客層が一致しているか。

②それぞれ違う領域のブランドか、または能力を有しているか。

③単なる足し算以上の相乗効果が見込めるか。

もっともこれは、コラボレーションにおける最低限の条件だと思います。

これだけでは、協働のプロジェクトとして、スタートを切ることはできません。

やはり、そこには両者のコラボレーションを起こすマーケッターの存在が不可欠だと思います。

コラボレーションの源泉は、“Wants”という名の“熱狂”

その根源にあるのは、やはり協働をすることで成し遂げたい何かを持っているマーケッターの“熱狂”という名のWantsなのだと思います。

かつてPR代理店で、コラボレーション案件を担当させていただいた時に、プレスリリースを作成する機会に恵まれました。

プレスリリースには、ファクトを端的に伝えるだけでなく、ストーリーをセットで伝える役割があります。

当然、両者の取り組みに至った背景について記載をするのですが、必要性だけでなく、やはり両者の共感というのが、不可欠なのです。

「OOの姿勢に共感をした」などの普段の企業とブランドの姿勢や、「OOを実現するパートナーとして」など実現したい思いの存在が必ずあるのです。

いや、むしろそれがないと、実現したとしても、世の中にインパクトを残さないのだと思います。

全ては、「たった一人の熱狂」から、生み出されるのだから。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

マーケッターとして、実践者の目線で記事を書いております。拙い内容もあるかと思いますが、応援をよろしくお願いします!

ありがとうございます!Twitterでシェア頂けたらリツイートします!
5

石本 大貴 / ピクテ投信投資顧問 マーケ担当

日本最大級のECモールを持つIT企業にてECコンサルティング業務、その後、日本最大級のPR会社にて、多数のPR&Promotionを手がけたのち、2018年12月より現職。※コメントはあくまでも全て著者個人の見解に基づくものであり、所属する組織には一切関係ありません。

熱狂とマーケティングの関係

ファンベースマーケティングが浸透する中、"熱狂"という現象がどういうメカニズムで起こるのかを解明していくマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。