【短編小説】 メッセージ

 見渡す限り、美しい青の世界だった。
 澄み渡るような青い空にいくつもの雲がたなびいている。雲は天に近付くほど白く輝いていて、地表に向けた顔は眼下の情景を映したかのように青みがかった翳りを帯びていた。
 真一文字の水平線より下には、染みるような深い青色が広がっている。海だ。ところどころに落ちた雲の影が、大海原を一層青く見せている。
 こんなに美しい景色を写真や映像以外で見たのは初めてだ。
 そう、まるで写真だ。
 私は足元を見下ろした。
 私の足の下には海が広がっている。しかし海の上に立っている、というのは正確ではない。なぜなら私の足は水面に触れていないからだ。私の体は宙に浮かんでいた。そしてなぜか目の前に、もう一つ私の体がある。
 もう一人の私は頭を下に向けて、手足を空の方角に投げ出していた。やはり浮いているが、まるで重力に逆らうかのように長い髪が上に向かって流れている。眠っているのかまぶたを閉じていて、指の一本、髪の一本すら微動だにしない。
 目に見える全てが静止していた。逆さまの私も、雲も、海さえも。
 雲が動いていないのは、風が吹いていないからだろう。風音が聞こえないもの。
 海が動いていないのは、波が立っていないからだろう。波音が聞こえないもの。
 何も聞こえない。何も。静寂の中に、私の心の声だけが虚しく響く。

 これはなに? 私は夢を見ているの?

 唖然としていると、頭上から間の抜けた声が降ってきた。
「あれ? 出ちゃってるぅ」
 見上げるとそれはすぐそばにいた。
 肌も、髪も、何もかも内側から輝いているかのように白い。実際そうなのだろう。心なしか輪郭がぼやけているし、わずかに空の青が透けて見えるような気もする。
 それは透明な一対の翼を背中から生やした、美しい女だった。
「え、天使?」
 反射的に声に出してしまった。それまで声を出せることを忘れていた。
「はい。そうですよぉ」
 天使はにっこりと微笑んで、手を伸ばせば届く距離まで近づいてくると、私と目の高さを合わせて宙に立ち止まった。
「進藤ミズキさんですね。えっとぉ、ご自身のこと覚えてますかぁ?」
 私は「なんだか随分おっとりした天使だな」と思いながらも、彼女の目を見て質問に答えようとした。
「はい。あの、どういう意味でしょう?」
「ときどき寸前に魂が抜けちゃう人がいるんですけどぉ、その時に自分が誰だったか忘れちゃうことがあるんです。あなたは大丈夫そうですねぇ」
「はぁ」
「こっちは見ましたかぁ?」
 彼女は逆さに浮かんでいる方の私を指差している。
「はい。なんなんですか? それ」
「ミズキさんの肉体ですよぉ」
「えぇ? じゃあえっと……さっき言ってた魂が抜けちゃうっていうのは……」
「はい。ここから抜けちゃったのがあなたというわけですねぇ」
 彼女はここに来てからずっとニコニコしているが、私はとても笑う気にはなれない。
「どうしてこんなことに……それにここはどこなんですか?」
 私が問うと、彼女は人差し指を顎に当てて考えるそぶりをした。そしてそのまま、指を頭上に向ける。
「あっち見てください。見えますぅ?」
 彼女の指差す先はもちろん、空だ。見上げたところでそこには雲しかない。
 いや、よくよく見ると、何か小さな黒い影が……
「飛行機?」
「ですです。ミズキさんはあそこから落っこちて来たんですよぉ」
「は!?」
 つい大きな声が出てしまった。
「あんなところから落ちたら死んじゃうじゃないですか!」
「はい。残念ながら、死んじゃいますぅ」
 彼女は再び逆さまの——私の肉体を指差した。
「あなたが肉体に戻るとまた時が動き出すのでぇ、ミズキさんはこのまま落下して、水面に叩きつけられた衝撃でお亡くなりになることになってますぅ」
「そんなこと言われても……」
 目眩がしてきた。彼女の間延びした喋り方のせいで真実味が感じられないが、本当なら到底受け入れられることではない。
「そもそもなんで落ちたりなんか……」
「ああ、忘れちゃったんですねぇ」
 彼女は、ぱんっと両の手のひらを打った。
「じゃあちょっとだけ上、見てきますぅ?」

 促されるまま彼女の手を取ると、スーッと景色が下に向かって流れ始めた。
 どうやら私達の体が上空に向かって昇って行っているらしい。彼女の翼が動いているわけでもなければ音もしないので、何が起こっているのか最初はわからなかった。風などの抵抗を何も感じないのは、たぶん私が魂だからだろう。
 私達はあっという間に雲を抜けた。もう飛行機がすぐそこだ。
 彼女は開いている搭乗口を見つけると、そこまで私の手を引いて行ってくれた。
 中をのぞいてぎょっとした。搭乗口の両脇に、目出し帽をかぶった黒ずくめの男が一人ずつ立っていた。どちらもニヤついている。
 奥には、肩まで伸ばした髪を茶色に染めた細身の少女が——
「カスミ!」
 ——私の妹が、別の男に捕まっていた。男は妹の後ろから左腕を回して首元を押さえ、右手に持った拳銃を妹の頭に押し当てていた。妹は両手を前に伸ばして何かを叫んでいる。
 私は咄嗟に妹にかけ寄り、拘束から助け出そうとしたが、できなかった。体がすり抜けてしまうのだ。
「思い出せそうですかぁ?」
 背後から天使がのほほんと聞いて来る。私は振り返って言った。
「思い出しました。私はこいつらにそこから突き落とされたんでした」
 そう、突然のハイジャック。男たちはあろうことか妹を人質にとった。私は助けようとしたのだが、当然敵わず、今に至るというわけだ。
 ああ、無念だ。
 私がしんみりしているのを哀れに思ったのか、天使が言ってくる。
「そのへんを一回りして来てもいいですよぉ」
 お言葉に甘えることにした。機内には両親もいるはずだ。みんな無事で済むかはわからないが、顔を見ておきたい。
 私は霊体の特性を活かして機内を一周した。ところどころに黒ずくめの男が立って睨みをきかせているので、誰も動けないようだった。幸い今のところ犠牲者は私だけらしい。
 少しだけ感傷に浸ってから、私は天使の元へ戻った。
「じゃあ行きましょうかぁ」
「そうですね。ハァ。カスミのアイス食べてごめんって言いそびれちゃったな」
「あ、いいですよぉ。それくらい伝えても」
「え、いいんですか?」
「耳元で囁いてあげてください。ちょびっとなら伝わりますからぁ」
「それならちょっとだけ……」
 私は妹に近づいて行って、耳元でゴニョゴニョと最後の言葉を伝えた。

 宙に置き去りの私の体の元へ戻る道すがら、私は前々から気になっていたことを天使に聞いてみた。
「私はこれからどこへ行くんですか? えっと、死んだ後って意味ですけど」
「うーん、どこかに行くわけではないんですよぉ」
 天使は、まるで子供に言い聞かせているかのようにゆっくりと優しい声で言った。
「あなたはこれまで長い旅をしていました。あなたの魂は神様の御許に帰るのです。私はあなたが帰り道で迷わないよう、お供するために来たのです」
「ということは私が死ぬ時もそばにいてくれます? ちょっと怖くて」
「もちろんですよぉ。それに大丈夫です、即死ですから」
「それを聞いて安心しました」

——翌日、あらゆるメディアがある話題で大いに盛り上がっていた。

『達人少女、ハイジャック犯を撃退!』
 生還した進藤カスミさん(15)は柔道黒帯!
 インタビュー動画はこちら

「お姉ちゃんの声が聞こえたんです!
 銃を持ってるのはそいつだけだよって! だから私、無我夢中で投げました!
 お姉ちゃんの仇です! う……うわああん!お姉ちゃーん!」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。サポートいただけたら創作活動を続ける元気が出ます。

5

好永アカネ

アカネの小説

アカネが書いた小説を入れるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。