「不死身の心臓」 再生医療

 心臓病では死ねない時代の到来が、もう目の前に。

 「心臓病の患者に細胞シートを移植することに成功。健康保険が適用され、移植がさらに活性化」
 2016年に、心不全治療用の再生医療製品「ハートシート(心筋シート)」として世界初の承認ズミ。

 心疾患は、ガンに次ぐ第二位の死者数。平成26年度の心疾患の総患者数は173万人と多数。重症の心不全患者の場合は
 ★心臓移植はドナー(臓器提供者)不足
 ★人工心臓は故障したら終わり
と、手詰まり。そこに、第三の選択肢として出現したのが、患者の筋肉の細胞を利用した心筋シートですね。 

 患部に「貼るだけ」で治療ができる奇跡のシートの実現には、実は培養する容器の"シャーレ"の革命が決め手になったとか。


 2012年の京大の山中伸弥教授の人工多能性幹細胞(iPS細胞)でノーベル賞を受賞を契機に、ダントツ世界一に発展した「日本の幹細胞研究」。

 もう、心臓病だけでなく、目(網膜)や脊椎損傷、臓器、脳(パーキンソン病)、ガンなどの各種再生治療が急進展中。失明のナイ世界はまもなくとも。
 「わずか7年で、十数人から600人態勢へ」京大の山中伸弥教授

 小保方博士のSTAP細胞は、ねつ造マスゴミとコンビを組んだ日本の男性科学者たちの誹謗中傷でつぶされ、幹細胞研究でノーベル賞最短といわれた笹井博士の自殺という悲劇も(汗)
 その後、STAP細胞はドイツで確認され、留学していた韓国人女性研究者が栄誉を獲得。米国でもSTAP細胞は確認されました。結果として、特許は米国とドイツが独占。

 日本はもう、iPS細胞で圧倒するしかない(汗)


⇒ ◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

頂いたサポートは、生き物ポランティアのエサ代金などに充当させていただきます。 かわゆいウミネコ200羽達や川鵜、ハト達、7頭のヤギ達の笑顔に癒されます。

嬉しいです。
2

トリ仙人(健康&生き物ボランティア)

IQ180の健康-ダイエット-長寿オタク。   メタボの死病3つ(糖尿病、高脂血症、脳梗塞)と、バーコードハゲから卒業。   ★ガンじゃないのに末期ガン征圧・食生活中。  「一期一会」水鳥達や生き物との触れ合いと癒し。 淀江町宇田川河口/鳥取県米子市 (県の河川使用許可取得ズミ)

◆高免疫力(整腸)でガン、メタボ、病気・撃退し健康長寿

健康長寿ダイエットで"100歳でピンピンコロリ"。 そのためには体づくりでの足腰の筋肉増強と、高免疫力(整腸・快便)を獲得する食べ物選びと下半身の保温対策の両面が必須。 そのために、有酸素運動(メインはウォーキング)にスロー筋トレを組み合わせての足腰の筋肉増強。ウォーキング...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。