見出し画像

「ほめられる」のは嬉しいこと?

発達障害のお子さんの中には
ほめられることを
嬉しいと感じることができない
お子さんもいらっしゃいます。

それは、脳の機能障害ゆえの
ことなのですが、
できるだけ幼いうちから
「ほめられる」ことが
素晴らしいことなのだ、ということを
しっかりと教えることが
何よりも大切なことです。

私の師匠であり恩師である人は
まず最初に「ほめられる」というのを
お子さんに教えていましたし、
私もそうしています。

親子の関係ではないので
最初はこのことが
必要だからなのです。

今日は、お子さんに
ほめられることに対して
私たちと同じような価値を
持ってもらう方法を
お伝えしていきます。


この続きをみるには

この続き:1,760文字/画像2枚
記事を購入する

「ほめられる」のは嬉しいこと?

おうち療育クリエイター 鈴木あづみ

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきましてどうもありがとうございます。いただいたサポートは、発達障害の育児である「おうち療育」を広めるために使用させていただきます。

人生に楽しさというスパイスを🌻
7

おうち療育クリエイター 鈴木あづみ

元小学校教員。発達障害の子育てに応用行動分析とTEACCHプログラムを取り入れた、育児に取り入れるだけの「10分間おうち療育®️」を世の中に広めています。発達障害の子育てに役立つ情報をメルマガで配信中!

毎日に役立つ!おうち療育手帳

発達障害のあるお子さんに家庭でどのようにアプローチすればよいかをお伝えしていきます。 療育も大切ですが、ママやパパにとっては育児そのもの。 だからこそ、日常生活の中に効果的な療育法をどのように取り入れれば良いかをお伝えしていきます。 その他に元教師ならではの教育のお話なども...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。