「わたしだって、ほめてほしい」。いま、僕たちが「ほめるBar」をはじめた理由

「おしりだって、洗ってほしい。」

1982年、そんなコピーが全国のお茶の間を駆けめぐったらしい。TOTOの温水洗浄便座「ウォシュレット」のCMで、「コピーライターの神様」と呼ばれる仲畑貴志さんが生み出したこの名コピーに触れて、「え、お尻洗ってもらえるの?」と、全国の日本人が期待でおしりをプルプル震わせたのは想像にかたくない。

それから37年。「ウォシュレット」でおしりを洗ってもらうことは一般的

もっとみる
スキって照れちゃいますね!でもありがとうございます、ほんとに。
52

”ほめる”で繋がる20分の人生ものがたり

4日間のほめるBarが終わり少し心がぽっかりしています。

私は3日間参加させて頂きましたが、

3日間毎日、始まる前の緊張がすごくて・・・今でも思い出します。

自分の専門である恋愛や結婚、出会いなど、目的が分かっての相談と違うので、経験がない分の不安も正直ありました。

そして3日間、まったく知らない人だからこその20分間の人間関係で、

ほめるという言葉だけの繋がりなのに

来てくださりお話

もっとみる

子供を効果的に褒める方法とかコツの話

今回は前回に引き続き褒めるということについて考えてみました!

ほめて育てることが大事、自己肯定感を高めてあげることが大事。

という言葉をよく聞きます。

承認欲求を満たしてあげると自信たっぷり感性豊かな子が育つと、、、

でも褒めるのってまぁまぁ大変ですよね

褒めるのって大変だよね。に関してはこちらで書きました。

↓↓

こどもに自信を持たせるコツのはなし

じゃあいざ褒めるとき、どうやっ

もっとみる

嘘がないなら、どんどんほめたい(そんな世界がいいな)

「自分をほめるのは自分の役割、他人は自分にダメ出しをする役割」
「…と思うとラクになれるのでおすすめ」
的なライフハックを見たことがある。

自分をほめるなんてほっとんどしていなかった私は
「いつも逆を願っているから生きづらいのか…」と納得しつつも、
「でも、……ほめられたらやっぱり嬉しいなあ」
「人にほめられなくなったらやっぱり嫌だ……」とも感じていた。

いわゆる、自信のないひねくれ者思考なの

もっとみる

「ほめて伸ばす」という言い方は正しくない気がする

何年か前、D・カーネギーの『人を動かす』を
読んで感化されちゃいまして、

以来、すっかりほめることがクセになって
ほめるの大好きなんですけど

本屋で教育に関する本のコーナーに行くと

「人はほめられて伸びる」という考え方と
「人は叱られたとき成長する」とで

侃侃諤諤の議論が巻き起こっていますよね。

きっと誰しもどっちも経験あるので
両方正しいんでしょうけれど

しかしながら

よく言われる

もっとみる

雑談「内海桂子師匠をほめる」

兄 前回メチャクチャなサイトを紹介したと思うんですけど

聞き手 はい。

兄 一晩考えて思ったのはちゃんと東洋館を知らない人も
ここぞ見てほしいという魅力ある内容をこのnoteでお届 けしないといけんのですよ。

聞き手 確かにあのサイトじゃ行く気失せますもんね。

兄 そう。だから思った。

聞き手 何をですか?

兄 このnoteで僕が全力で師匠を尊敬し

もっとみる

35 うちの子は欠点だらけ、ほめて育てられません。

「スピリット・ガイドと見つける人生の答え」
 ~こころ・人間関係・子育て編

【お悩み 35】

「ほめて育てろ、って言いますが、うちの子はほめるところがありません。あれもこれもできてなくて、欠点だらけなんです。このままじゃろくな大人にならないと思うので、厳しく言ってるんですが、いっこうに良くなりません。」

●合格点を捨てて、階段を降りる。

子どもはできないことが多いので、とても未熟な存在に思

もっとみる

「ほめられる」のは嬉しいこと?

発達障害のお子さんの中には
ほめられることを
嬉しいと感じることができない
お子さんもいらっしゃいます。

それは、脳の機能障害ゆえの
ことなのですが、
できるだけ幼いうちから
「ほめられる」ことが
素晴らしいことなのだ、ということを
しっかりと教えることが
何よりも大切なことです。

私の師匠であり恩師である人は
まず最初に「ほめられる」というのを
お子さんに教えていましたし、
私もそうしていま

もっとみる

「ほめ方」の工夫

こんにちは、ラン丸(@sign45917948)です。

人に動いてもらいたいのであれば、相手の心をマイナスではなくプラスの感情にさせることが大切です。

では、相手のことをほめてほめまくれば、いい気分になってくれるのでしょうか?

そうではありませんよね。

実は、「ほめる」という行為は、難しいものです。

あなたも、「ほめたつもりなのに、相手の反応がなぜかいまいち...」という場面がありません

もっとみる

ほめられたときに、ちゃんとほめられておくこと。

ほめ言葉を受け取るのをよく忘れる。

一番多いケースが「あなたは○○がすごいよね」といわれて、「いやいやその○○なんですけど、実は…」と、ほめ言葉にのっかる形で悩み相談をはじめてしまうことだ。

そういうときのそれは照れ隠しとは違って、これをやらなきゃいけないのにやってない、とか、これがネックで進まない、など、本気の相談になることが多い。たぶん私が「自分にあるもの」より「自分ないもの」のほうが、日

もっとみる
ありがとうございます、嬉しいです!あなたにも良いことがありますように。