ピクニックに良さそう♪ その場で切り分けスタイルのミートサンド

今週末はお花見🌸 という方、多いのではないでしょうか?
個人的には、今年はいつも以上に花粉症にやられてしまっているのですが、それでも春は嬉しくって、ニュースで桜の開花予想やら、開花宣言やらを聞くのは楽しい♪ ウキウキします^^

今日はなんだか寒い東京ですが、明日明後日は気温も15度を超えておでかけも気持ちよさそう!ピクニック、したいです!(いや、私仕事だけども)

外で食べるごはんって、ちょっと特別感があって、それだけで美味しさ指数がアップすると思うのですが、先日の朝ごはんの「この」パンは、そんな「おそとごはん」にピッタリだな♪ と😊

↓こちらの、ミートサンドです↓

パン自体は「breadworks」さんのブールを使っています。
見た目通りですが、パンに切り込みを入れて、その間にたっぷりのミートソースとシュレッドチーズを挟み込みました。そして、オーブンでチーズが溶けるまで焼いたら、最後にパセリを散らして完成✨

我が家では「ブール」(フランス語で「ボール」という意味。丸いパンのこと)を買ってくると、下の写真のように「プルアパートブレッド」にすることが基本なのですが、この日は挟もうと思っていたのがミートソースだったので、なんとなく格子状に切れ目をいれちゃうと、食べる時にぼろぼろとこぼれやすいだろうな、、、と思って切り込みは1方向だけにしてみた、それだけのことなのですが、これがなかなか良かった!

ちなみに、この「プルアパートブレッド」はカタカナ表記していると、なんだそれ?と言われることが多いのですが、「pull apart bread」と表記すると、おお、なるほど!と一気に食べ方まで理解していただけるという^^
いわゆる、つまんで食べる、ちょこちょこ引きちぎって食べる、ちぎりパンのひとつです。

プルアパートブレッドも見た目が華やかなので、人が集まる時、特に子供さんたちにはきっと「わーー♪」っと言ってもらえそうなメニューだな、と思うのですが、ピクニックみたいに、外に出ていて気軽に手を洗える環境にない、という時なんかは、ちょっと私は尻込みするメニュー。

ちぎりやすいように、しっかりとパンの底の方まで切り込みも入れているので、持ち運ぶ際のくずれ・壊れも心配。。。

ところが、今回のミートサンドはその心配はいらないようです。
チーズがとてもいい感じで、切り込みを入れミートソースを挟んだ部分の接着剤的働きをしてくれているので、崩れない!綺麗なまま持ち運べそう。
くるんとオーブンペーパーで包んで、気軽に持っていけちゃう。

で、ピクニック(お花見)の場所についたら、そこで一人分ずつに切り分けちゃうのがいい♪

こうやって、カットして、そして、こう!

ほら、なんか美味しそう💕

って、いう気がしませんか?
お弁当を持っていって、その場で開いて「じゃーーん、さあ、どうぞー!」というのももちろんですが、その時に「最後の一手間」が残っていると、今ここで完成した感があって、より美味しそうに感じる。。。ことない?
ポットにスープを持っていったら、カップに注ぎ分けたあと、パラっと一振りの塩とか胡椒とか、クルトンとか♪
おむすびだってもしかしたら、海苔は別で持っていって、その場で巻いて食べるほうが、楽しい?(海苔直巻き派、しっとり海苔が好きな人もいますが、私もそうだし。)

準備して持っていった「おそとごはん」でも、なにかしらその場で手を加えて、そこで完成させることで「出来立て」な雰囲気を味わえるのかもな、なんて思います。

ちなみに、このミートサンドの日の「朝ごはんのテーブル」はこちら↓

生野菜と、スティック状の野菜はスパイスソテー
かぼちゃのポタージュ、ヨーグルトとフルーツ。
このまま、ピクニックでも良さそうなラインナップでした^^

お花見シーズンだし、今年はゴールデンウィークも長いし♪
自転車乗っておでかけして、どこかでピクニックしたいなぁ。
ミートサンドを持っていこう!
そして、ブレッドナイフだけはちゃんと持っていこう!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると嬉しいです^^

わーい♫ 嬉しいです🎶
73

みずのさちこ

とにかくパンが好きです!いつも野菜もりもりの朝ごはんを食べています。朝食クリエイター。自宅でアイシングクッキー教室『ねこのしるし』を開いています。(日本アイシングクッキー協会 認定講師)料理・猫・写真。料理は作るのも食べるのも、好きですが「食べてもらう」のが一番好き!

いつもの朝ごはん2019

2019年の我が家の朝ごはんをまとめるマガジンです。 パンが好きなので、パン食が中心です^^
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。