見出し画像

子どもの才能が開花するキッズダンス練習法

【はじめに】

ダンスとは、体の小さな子が不利にならない、数少ないスポーツの1つです。

それは主に、ダンスというスポーツが、音楽性やアート性を持つことによります。

アートやスポーツや音楽には、才能が必要です。

その才能は、全ての人に宿っています。

才能とは、こまめな努力の集大成です。

ダンスにおいての、こまめな努力とは、練習です。

コツコツ地道に練習できること自体も、才能の1つです。

勉強のスキマ時間にダンスを練習すると学習効率も上がります。

スキマ時間を有意義に使えるようになると、日々の生活がより豊かになります。

例えば「ダンスが上手になりたい」などの大きな目標を立てたら、日々の小さな目標達成(=練習)を積み重ねることが大切です。

しかし、なかなか毎日続けるのは難しいものですよね。

そこで、時間の有意義な使い方、スキマ時間の活用が肝となります。

今回は、練習の仕方がわからない方のために、その方法を具体的にご案内いたします。

ここから先は、勉強もダンスも楽しみたいお子様とご家族様が、ダンスを通じてより良い毎日を過ごすためのヒントが見つかることを願って記しています。

「ダンスは好きだけど勉強は…」と感じる方。できなかったことが、できるようになった時の嬉しさを思い出してみてください。

自転車にはじめて乗れた時や、ひとりで靴を履けた時。水たまりをまたぐことができた時や、漢字のトメ・ハネ・ハライが書けた時。

これらは、ダンスと勉強に共通しています。ぜひ最後まで、楽しく読み進んでいただけたら幸いです。

そして文末には、プロを目指す方へのアドバイスもありますので、お楽しみに。

【楽しむことが一番】

それでは、まずダンスが好きな、小さいお子様について述べていきます。

このような方は、練習と読書が1:1となる割合を目指しましょう(ダンス25分と読書25分を交互に行います)。

「えっ?ダンスの練習だけじゃないの?」と思った方、理由は後述します。

「うちの子は読書はできるけど、算数が苦手で…」とお考えの方は、将棋やパズルの本でも算数の教科書でも、興味の向くままに読んでみましょう。

他にも、楽しく学習できる教材は巷にあふれています。何より人生を楽しむことが一番で、楽しむ手段の1つがダンスの練習です。

私が伝えたいのは「使い捨ての楽しさ」では、ありません。

楽しむことには、結構深さがあるので、追求すること自体にも楽しさがあり、それが人間味や個性や才能を培います。

まず楽しむことが次の楽しさを養い育てる「培う楽しさ」と言っても良いでしょう。

例えば「楽しんで練習し、楽しんで読書する」。

練習は心と体を育み、読書は読解力や想像力を育みます。

【読解力を身につける】

例えば人の話を楽しく聞いて、なんとなくわかった気になっていても、実際には理解できていないことが子どもには多々あります。

その場のコミュニケーションは上手な子も多いのですが、書いてあることを読んで楽しく理解する力は、どうでしょうか。

俳優さんは台本を読み、歌い手さんは歌詞を読んで、登場人物の心の動きを理解して、一生懸命表現することで、私たちに感動を与えてくれます。みんなの学校で日々行われている多くのテストでは、書いてある質問を読んでから答えます。大人になっても読解力は、たいへん重要です。会社に入って新しい仕事を覚えるためにはマニュアルも読めなくてはなりません。

つまり読解力は仕事や学業など全ての基本ですので、ダンスと併行して鍛えたい技術の1つです。

ちなみに、ダンスと仲良しの「音楽」は、構造的均衡を有する点では化学や数学に通じ、時間を伴うアートという点では文学に通じます。

ここを楽しめるようになると、音楽を聴くことだけでも、なかなか深い愉しみを味わうことができます。

【創造力を鍛える】

次に、塾や勉強や部活動が忙しくなってきた、大きいお子様。

こちらは、勉強30分に対してダンス5分の割合からでも効果的です(勉強が90分ならば、ダンスは15分です)。

時々運動を行いながら学習した方が、学習効率が上がることは前に述べた通りです。

ぜひ、ストレッチやウォームアップなど軽めの運動から、始めて行きましょう。

できれば、答えのある問いの正解を導くだけでなく、0から1を生み出す創造的な作業にも着手してみてくれたら嬉しいです。

ダンスでいう創造的な作業とは、振付を創ることです。

音楽に合わせて振付を創ることは、誰の目にも見えない空気の振動を、目に見える動作に変換することでもあります。

当然、創造力や発想力が必要となりますので、それらは学力向上にも直結します。

いま「振付って楽しそう」と少しでも思ってくれた方は、ぜひチャレンジしてみてください。

【ダンスと勉強の両立】

ここで「なんで勉強?ダンスだけじゃダメなの?」という方の疑問に、お答えしておきましょう。

ダンスだけで勉強をおろそかにしていると、いずれ勉強に支配されてダンスの時間が取れなくなります。

学校の宿題や受験勉強などもサラッと終わって好きなことができれば良いのですが、勉強が身についていないと宿題さえも時間がかかり、通信教材は溜まる一方となるなど、やりたいことの時間が捻出できなくなるのです。

ですから、もし「放課後にはダンスに集中したい」と本気で願うならば、学校にいる間は授業に集中して、授業の完全理解を目指してください。

学習内容に疑問があれば、その場で先生に聞くなどして解決しましょう。わからないことを家に持ち帰らないようにすることが大切です。

すると、好きなことがドンドンできるようになっていきます。あなたの人生は、あなたの思うがままに、やりたいことに熱中できる、キラキラ輝いた時間で埋め尽くされていきます。

【人生の選択肢を広げる】

「行きたい学校に行けない」「就きたい職業に就けない」。

これらは、地理的に遠く離れた、世界の貧しい国々のことでは、ありません。日本でも未成年の進路選択は、概ね個人の学力に基づいて決定されます。ですから学力を高めておくことは、自らの人生の選択肢を広げることにもなるのです。

但し、学力の向上を塾に委ねてしまうと、自分が本来やりたいことのための時間を大幅に削ることにもなります。

本来やりたいことのための時間とは、才能を育む時間です。

「才能とは自分らしさである」と言い換えることも、できます。

だからこそ、学校に行けるのならば学校の授業に集中することが、より大切になるのです。

ライヴなどでアーティストの輝きに触れ、その世界を目指すことについて、私は支援いたします。

しかし、ダンスでプロを目指すにしても、プロダンサーがダンスが上手いことは当たり前ですので、ダンスが上手なだけではプロにはなれません。

現代のエンターテインメント界では、人間性や教養も求められます。

教養を身につけるといっても、堅苦しく考える必要は、ありません。

あなたの経験の全てが、あなたの表現のプラスになります。

繰り返しになりますが「楽しむことが一番」です。

とにかく自分に合った方法で、できることから始めてみましょう。

【8つの練習方法】

具体的な方法が6つと、永続的な方法が2つ。合計8つの練習方法は次の通りです。

この続きをみるには

この続き:1,716文字

子どもの才能が開花するキッズダンス練習法

どいいちろう

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、次世代を担う子どもたちと若者のサポートに充てていきます。

どいいちろう

ダンスと音楽は仲良しだ☆
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。