良いイベントが増えるために

自分でリスク背負ってダンスイベントをやってくれている数多くのオーガナイザーに

リスペクトを!

というお話をしようと思います

簡単にエントリーキャンセルされても、

ダブルブッキングでもう一方を優先されても
オーガナイザー達はグッとこらえて頑張っています。

(オーガナイザーというのは主催者という意味)

やはり事前エントリーの様子を見て

・予選サークルの割り振り

・DJの準備する曲数

もっとみる

ダンスを振り返って

ダンスが少しナーナーになってきている気がする。

上の写真はダンスを始めるきっかけになった

マイケル・ジャクソン 「smooth criminal」の一コマ、電撃が走った

大学1年からはじめ,挫折したが、大学2年の夏からまた再開し、大学3年まで続け就活に入り一度辞めた、そして、また社会人2年目の夏から復活し、社会人5年目に至る。

正直立ち位置としては、自分の中で完結している趣味でしかない。。

もっとみる

僕のダンス人生の失敗ノート

失敗ノートってご存知ですか?

投資家のウォーレン・バフェットの右腕として頼られていたチャーリー・マンガーがやっていた習慣,それが「失敗ノート」です。

失敗ノートに何を書くのかというと,マンガーが見聞きした投資家,政治家,企業家,スポーツ選手,歴史上の人物から新聞記事になった一般の人々の失敗談を書き留めていたのだと言います。

なぜ失敗を書き留めるかというと「成功の要因はいくつもあり,複雑で,何

もっとみる

効率的に上手くなる!科学的な根拠がある4つ(+α)の練習方法

今回は科学的な根拠がある効率的な練習法をご紹介します。

例えば普通の練習法で1時間練習したらダンス力が「1」あがるとします。

対して,効率的な練習法は1時間練習すると「2」あがるとします。

1ヶ月後,3ヶ月後,半年後,1年後を想像してみてください。大きな差になると思いませんか?

練習法についての知識があるだけで,未来の自分は大きく変わる可能性があるのです。知らなければなんとなく練習して,な

もっとみる

美しくも妖しく幻惑する破天荒な彼らへ賛美を 6

物凄く久々に書く気がしてたけどそんなことなかったDAZZLEの勝手に非公式プロモーション。月初に観劇レビュー書いてた。今回は再び彼らの舞台作品をご紹介したい。

第4回公演作品「0NE」

【あらすじ】
疫病が発生し、ひとつの街が封鎖された。
だが、調査に向かった医師が見たのは、変わらない日常。
いや、ひとつ奇怪な事と言えば、みな「同じ」だということ。
人々は口を揃えて言った。「ようこそ、完璧な世

もっとみる

身体的特徴を活かす。。。。

ダンスを練習している中で、やはり自分の体型を活かしたダンスに

変更していこうと思う。。。

やはり、身長が高い人は、低い人と比べて大きく見せれるが、縮んだり、フロワーに入ったり、ステップしたり、など一つ一つの動作を行う中でも大きな遠心力がかかる。

大きな違いは「足の長さや手の長さ」ここは身長が低い人には真似できない項目だ、

だからこそ、手を活かすのであれば、タット、押しの長さを活かすのであれ

もっとみる

【戸惑いと舞い(7)】

予選が開始する。予選からピックアップされた十六名がさらに優勝をかけて戦う。優勝すれば日本代表を決定する本戦に出場でき、それに優勝すれば今度はアジア大会、そして世界大会へとコマを進める。

 私は予選をあがり、そして一回戦目で、元日本代表のダンサーとあたり、ベスト16で敗退した。呆気ないほどの展開に、思考がついていかない。現実はただ過ぎ去る笹船のようだ。

 二回戦がはじまるまで、ほかのダンサーたち

もっとみる

【戸惑いと舞い(6)】

まあ、気になるよなふつう。

 偽る必要はない。

 どこにいるだろう。

 螺旋階段をぐるっと回ると、シモベはまさにその螺旋階段に腰掛けていた。

「なにしてんの」下のほうから声をかける。

「休んでた」シモベは言った。夜空と同化している。動く気配がない。

 すこし考えてから階段をのぼり、二段下に腰掛ける。「バトルやってるよ」後ろ手に体重を支える。「でないの」

「きょうはいい」

「いつもは

もっとみる

【戸惑いと舞い(5)】

殴ってやってもいい場面かな、場面だな、と手のひらをぐーぱーさせる。それはそれとして、リーダーがこんなこと言うのはおかしいな、といった引っかかりも覚える。リーダーの口調からはどうにも演技がかった、如意棒ぶんまわすなんかすごい猿を手のひらのうえで転がすような、軽薄を軽薄で塗ったくったような響きが感じられた。

「もしかしてだけど発破かけてるつもり? やめてほしいんですが」

「お、敬語になった。怒って

もっとみる

【戸惑いと舞い(4)】

「シモベちゃんは天才なんだろうね。だからできて当たりまえのことを言語化するのが人並み外れて苦手なんだわ。教えるのにもスキルが必要、天才であるほど他人に教えるのが下手なのが道理」

「教えるのが上手な誰かさんはじゃあ」流し目する。「凡人オブ凡人ですね」

「鍛練を積んだと言え」

 せんせーあざーしたー。

 ほかのダンサーたちが新参者に頭を下げている。照れくさそうにするでもなく飄々と戻ってくるとシ

もっとみる