chigi

創るひとを眺めているのが好き。 ここでは、日記・考えごとの類や、作品の紹介・感想文などを綴っています。
固定されたノート

◇「創るひと」

創るひとを、眺めているのが好きです。 わたしは「クリエイター」よりも「創るひと」という表現を好むのですが、おそらく前者には職業的な意味合いを強く感じてしまうから...

◇冷える季節のほっと一息

目覚めて布団から抜け出す。すると這いのぼる冷気に思わず、ぶるっ! 朝はめっきり冷えるようになりました。日が沈むのも早い。夜もひんやりしている。さすがにもう夏だと...

◇天候と体調のこと

この三日間、頭痛に悩まされていました。こう、ギューッと締め付けるような感じではなく、ぼわぁ……と外側へ広げられるような、不可思議な感覚。もやもや、ぼんやり、それ...

★『死を見る僕と、明日死ぬ君の事件録』読了。

今回紹介するのは、「人の死を予告する幻影」を見る“僕”が主人公の物語です。古宮九時先生の、メディアワークス文庫における初作品ですね。 主人公が【彼ら】と呼ぶ幻影...

◇黄昏、車を走らせながら

仕事を終えて外に出ると、重く冷たく圧し掛かるような雲に、空一面が覆われていました。見えるすべてが薄暗く、吹き抜ける風はまだ弱かったけれど、そっと気味悪さを覚えて...

◇あの店、その前なんだっけ?

「閉店したラーメン屋、今度は丼もの屋になるらしい」 昼休み、ふと出た話題。それを皮切りに、「あの洋菓子店、もう看板も外しちゃったね」とか、「あそこにラーメン屋が...