見出し画像

「茶碗蒸し」の中で起こる、低温調理と旨味の相乗効果。

今日のレシピは「茶碗蒸し」。和食ならではのさっぱりとしたやさしい味わいで、卵でかためたお吸い物の様な存在なのだそうです。

それから、ちょっとだけ化学なおはなし。
玉子自体は80℃くらいまで温度が上がると凝固点を迎えるそうです。
※(玉子の凝固点とは、加熱することにより固体となるときの温度。)

卵液の熱の中で具材は低温調理されしっとり仕上がります。低温調理の良い点は、肉や魚の水分を保ち、ジューシーにいただけるということ。そして、そこから流れ出た旨味こそが、茶碗蒸し自体をより美味しくしてくれます。

具材は下味を付けさえすれば、基本的には何を入れても大丈夫です。

器具に関しては、蒸し器がなくてもお鍋で十分代用できますよ。

今回、茶碗蒸しの具材は鳥もも肉、海老、えのき、そして餅です。具材をたっぷりいれて楽しんでも良いですし、あえて具材を入れずシンプルに作っても美味しいですよ。

「あん」と「梅肉」は是非作ってください。茶碗蒸しに「あん」をかけると見た目にも艶が出ますし、口の中で大人っぽい味わいになり、梅のペーストで塩味と酸味が足され、茶碗蒸しの味が締まり大人っぽい味わいになります。

それでは。


この続きをみるには

この続き:1,694文字/画像13枚

「茶碗蒸し」の中で起こる、低温調理と旨味の相乗効果。

ogochiho

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

❤︎ありがとうございます!
61

ogochiho

東京在住のグラフィックデザイナー。和食の料理人で元赤坂ながずみ店主の夫のもと家で料理修行中。夫が作った家庭料理のレシピと作り方『オゴウの家ごはん』が中心です。商品開発レシピ考案、パッケージデザイン等のご依頼はこちら→ogonoiegohan@gmail.com

「オゴウの家ごはん」

1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

めっちゃおいしそう!
ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。