見出し画像

切り札

よく言われる「魔の2歳児」。我が家の次女も順当に自己主張を始め、この時期へと足を踏み入れました。そりゃもう大変。分かっていたはずなのに大変です。

仕事も家事も楽しみたい!そんなバラ色の毎日なんてことにはなりません。「今だけだよ」とよく言われますが、その今が大変です!っていう声に対し、それでも前を向きましょう!なんて僕には言えないなぁ。誰だってしんどい時がありますから。

そんな次女ですが、今は3歳。所謂「悪魔の3歳児」期間へ突入しております。イヤイヤはパワーアップし、個性なんでしょうが、独占欲が強い。「ママじゃなきゃ嫌!」「今じゃなきゃ嫌!」の波状攻撃に、耐えきれずに雷を落としてしまうこともあります。先日もそんなことがありました。

そんな不穏な空気の中っていつも複雑。とにかく言葉にならないモヤモヤ。冷静になれたらいいのに、僕ら親も色んなものを抱えているので、不安と不満に支配されて、互いに敬意を払えなくなったり、揚げ足を取ったり…。これはそんな雰囲気になりつつあるなとため息が出そうな瞬間、布団から「…ぶー」とこもった低音が。一家全員が何が起きたのかわからない中、僕の顔を見てニヤニヤする長女。程なくして、小型のブブゼラのような音が再び布団から。

そうです。「屁」です。長女の屁です。

あれだけ泣いていた次女も「?」と。イライラに支配されかけたパパもママもしばし沈黙。不思議と、僕ら2人からどす黒い何かが消えていくのが目に見えるように感じられました。次女も「おねぇちゃん、ぶーした!」とゴキゲン。

改めて思います。〇〇〇(長女)。お前、すげーよ。そんな打開策、思いつかないもん

僕は彼女の名前に、「沢山の方に笑顔を届けてほしい。そんな空気を周りに作ってあげられる人になってほしい」という願いを込めました。

それは僕らのエゴかもしれない。彼女に僕らの思いを押し付けるなんてことは出来ない。

それでも、この子には、きっと周りを沢山笑顔にしてくれる魔法がかかっているんじゃないだろうか。

そんなオカルトを信じたくなった1日。

子供ってすごいね。僕ら親が、やれ金だなんだと悩んでいるのが、あまりにもバカらしくてくだらなくて。そんな風に思えてしまう力と魔法を持っている。

★★Goto's Works&Social actions☆☆
~協業・講演や研修等依頼は下記まで~

■NPO法人ファザーリング・ジャパン東北   
Homepage&お問い合わせ ⇒ Here!
■いわてライフキャリアラボ          
Homepage&お問い合わせ ⇒ Here!
=これまで受けた講演や研修等=
・イクメン育成  ・イクボス育成 
・子育て     ・夫婦関係   
・ハラスメント対策・ワークライフバランス
・女性活躍推進  ・マネジメント 
・業務改善    ・採用力強化
・男性育休取得  ・ライフシフト 
・いじめ     ・男女共同参画 
・孫育て     ・人生100年時代
・仕事術     ・時短術 
・チームビルド  ・学生向け講演 ほか



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!また読んでもらえるよう頑張りますね♪
7

後藤大平(FJ東北/ILCL 他)

□NPO法人ファザーリング・ジャパン東北/理事 □いわてライフキャリアラボ 代表 □21世紀職業財団認定 パワハラ対策専門家 □北上学童保育所 理事 □㈱ワーク・ライフバランス 認定コンサルタント □育休後アドバイザー ほか

月曜ネタ:510的パパライフ

主に下記を取り扱います ・後藤家の育児の様子を中継 ・拙いながらのパパママ論
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。