読書感想文の宿題が出たので僕は「正法眼蔵」を読むことにした

18
ノート

第18話| 心の習慣をひとつ、やめる。

ひまな時,兄ちゃんと半世界ゲームをやる。 ゲームっていっても、アプリじゃない。スマホもな...

第1話| この本を読んだ子どもはまだ一人もいない

「夏休み前に一冊、好きな本を読んで、感想文を書きなさい」って、先生が言った。 兄ちゃんは...

第2話| 書き出しはこんなかんじ

六月の朝は気持がいい。あじさいが咲いた。僕はみちもと作『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』...

第3話| 仏と神はどうちがう

じゃあ、仏法の「法」は? その前に、仏法の「仏」が先だ。 仏なら知ってるよ。 じゃあ聞く...

第4話| カーブしたガラスの入り口

「ゆう君とこ、開店4周年だからお花を届けてきて」って、お母さんに頼まれた。僕が知らないと...

第5話| 色って、あると思う?

「われにあらざる」って、個人技じゃなくて、周りに反応できることのほうが大事ってこと? ダ...

第6話| 聖者 ナーガ・アルジュナ

午後から雨になった。 お天気キャスターは「鬱陶しい季節がやって来ました」って言ってるけど...

第7話| 日本語の半分以上、もとは中国語だっていう驚きの事実

僕んちは叔父さんが設計した。叔父さんは建築家じゃないけど、建築の好きさが半端ない。いろん...

第8話| 花は愛惜にちり

有るか無いかどっちかの世界から仏道は跳び出した。だから…? だから、生と滅、迷いと悟り、...

第9話| さとりとまよひとまよひとさとり

みちもと作・『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』を AI のダザイと読んでるところです。いま《...