見出し画像

第28回週間映画興行収入ランキング(2019年6月第4週)

【第28回週間映画興行収入ランキング(2019年6月第4週)】



今週のランキングは「アラジン」VS「ザ・ファブル」。
「アラジン」のV3か?
「ザ・ファブル」の初登場1位か?
また、「X-MEN ダーク・フェニックス」、「きみと、波にのれたら」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。
また、「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっています。
「2019年映画興行収入ランキング」なども是非1度ご購読ください。


集計期間 2019年6月22日~6月23日

『週間映画興行収入ランキング』
1位 「アラジン」10億3115万円
2位 「ザ・ファブル」3億1010万円
3位 「X-MEN ダーク・フェニックス」1億8501万円
4位 「メン・イン・ブラック インターナショナル」1億3323万円
5位 「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」1億2138万円
6位 「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」8181万円
7位 「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム」7724万円
8位 「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」6437万円
9位 「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」6228万円
10位 「きみと、波にのれたら」6112万円
11位 「アベンジャーズ エンドゲーム」3681万円
12位 「劇場版 ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん」ー万円

「アラジン」は初登場から3週連続1位を維持。
ディズニーの名作アニメの実写映画作品。
ウィル・スミス主演の話題作。
3週連続で週間興行収入10億円超を記録し、V3達成。
「美女と野獣」(興行収入124億円)を上回れるかが焦点。
興行収入100億円を達成できれば令和初の100億円作品。
興行収入50億円を達成。
1週目 約11億2200万円
2週目 約10億9700万円
3週目 約10億3100万円
観客動員は385万0000人を突破しています。
興行収入100億円が目標ライン。
興行収入55億1000万円を突破しています。

「ザ・ファブル」が初登場2位。
南勝久原作による漫画の実写映画化作品。
岡田准一主演の話題作。
通常ならば週間興行収入ランキング1位も狙える週間興行成績を記録しましたが、残念ながら2位止まり。
1週目 約3億1000万円
観客動員は29万6000人を突破しています。
興行収入15億円が目標ライン。
興行収入3億9000万円を突破しています。

「X-MEN ダーク・フェニックス」が初登場3位。
「X-MEN」シリーズ第12作目。
本作からウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給作品。
1週目 約1億8500万円
観客動員は9万5000人を突破しています。
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入1億8000万円を突破しています。

「メン・イン・ブラック インターナショナル」は先週2位から4位にランクダウン。
「メン・イン・ブラック」シリーズ第4作目。
本作から主演がウィル・スミス&トミー・ジョーンズからクリス・ヘムズワース&テッサ・トンプソンに変更。
興行収入30億円達成は厳しい状況。
1週目 約2億7500万円
2週目 約1億3300万円
観客動員は50万0000人を突破しています。
興行収入15億円が目標ライン。
興行収入6億8000万円を突破しています。

「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は先週3位から5位にランクダウン。
ハリウッド版ゴジラ。
モンスターバースシリーズ第2作目。
4週連続TOP10圏内にランクイン。
前作「GODZILLA ゴジラ」(興行収入32億0000万円)を上回れるかが焦点。
今週はここまでが週間興行収入1億円以上を記録。
1週目 約6億7600万円
2週目 約3億7100万円
3週目 約2億1100万円
4週目 約1億2100万円
観客動員は169万0000人を突破しています。
興行収入40億円が目標ライン。
興行収入24億6000万円を突破しています。

「コンフィデンスマンJP-ロマンス編-」は先週から2週連続で6位を維持。
フジテレビで放送された人気連続ドラマの劇場版作品。
長澤まさみ主演の話題作。
6週連続TOP10圏内にランクイン。
シリーズ第2作目の製作決定。
1週目 約3億8500万円
2週目 約3億5100万円
3週目 約2億9100万円
4週目 約2億0600万円
5週目 約1億4400万円
6週目 約8100万円
観客動員は205万0000人を突破しています。
興行収入30億円が目標ライン。
興行収入26億8000万円を突破しています。

「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム」は先週4位から7位にランクダウン。
「うたの☆プリンスさまっ♪」シリーズ初の劇場版作品。
目標ラインの興行収入10億円達成は厳しい状況。
1週目 約1億8000万円
2週目 約7700万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入3億7000万円を突破しています。

「青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない」は先週7位から8位にランクダウン。
鴨志田一原作による人気ライトノベルの映画化作品。
全国31館での公開ながら見事2週連続TOP10圏内にランクイン。
観客動員ランキングは10位。
1週目 約9900万円
2週目 約6400万円
興行収入7億円が目標ライン。
興行収入2億3000万円を突破しています。

「ガールズ&パンツァー 最終章 第2話」は先週5位から9位にランクダウン。
劇場版「ガールズ&パンツァー」シリーズ第3作目。
全国60館での公開ながら見事2週連続TOP10圏内にランクイン。
前作「ガールズ&パンツァー 最終章 第1話」(6億0300万円)を上回れるかが焦点。
観客動員ランキングは8位。
1週目 約1億4400万円
2週目 約6200万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入2億8000万円を突破しています。

「きみと、波にのれたら」が初登場10位。
湯浅政明監督による第4作目の劇場版アニメ作品。
東宝配給を考慮すると低迷ぎみのオープニング成績。
観客動員ランキングは9位。
1週目 約6100万円
興行収入3億円が目標ライン。
興行収入8000万円を突破しています。

「アベンジャーズ エンドゲーム」は先々週から3週連続11位を維持。
「アベンジャーズ」シリーズ第4作目。
前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(興行収入37億4000万円)を上回り、シリーズ最高興行収入を更新中。
1週目 約9億6200万円
2週目 約5億3200万円
3週目 約3億1600万円
4週目 約2億1200万円
5週目 約1億4700万円
6週目 約8600万円
7週目 約5300万円
8週目 約3900万円
9週目 約3600万円
興行収入60億円が目標ライン。
興行収入58億6000万円を突破しています。

「劇場版 ファイナルファンタジーⅩⅣ 光のお父さん」が初登場12位。
TBS系列で2017年4月19日~5月31日に放送された連続ドラマの映画化作品。
キャストは連続ドラマ版から一新されています。
坂口健太郎主演の話題作。
1週目 約ー万円
興行収入3億円が目標ライン。



『来週ランクイン有力作品』
(邦画)
「ホットギミック ガールミーツボーイ」
「今日も嫌がらせ弁当」
「凪待ち」
「劇場版パタリロ!」
「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」
「センコロール コネクト」
「フレームアームズ・ガール きゃっきゃうふふなワンダーランド」
(洋画)
「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」
「ニューヨーク 最高の訳あり物件」
「ハッピー・デス・デイ」
「ピアッシング」

来週は6月第5週目を迎えます。
「令和」第10週の週間ランキングです。
来週のオープニング成績予想
○「スパイダーマン ファー・フロム・ホーム」6億5000万円~7億5000万円
○「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」1億5000万円~2億5000万円

詳しい興行収入は「2019年映画興行収入ランキング」をご購読ください。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「エンタメの殿堂」の更なる充実のため、サポートをよろしくお願いいたします。 今度も記事数増加やマガジン充実に向けて努めていきます。

スキありがとうございます。
3

エンタメの殿堂

「エンタメの殿堂」公式note。 有料note大幅値下げ中。 俳優・女優別主演映画総興行収入ランキングなどの人気noteを多数配信。 その他、映画に関する様々なnoteを配信中。 購読料がお得なマガジンも充実。

週間映画興行収入マガジン

「エンタメの殿堂」公式マガジン。 「週間映画興行収入ランキング」を収録。 「週間映画興行収入ランキング」毎週金曜日に配信中。 ぜひ、購読をよろしくお願いします。 マガジンの内容は無断転載やSNSへの無断転用等を禁止。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。