高良健吾 主演映画~「アンダー・ユア・ベッド」はスマッシュヒットならず?~

【高良健吾 主演映画~「アンダー・ユア・ベッド」はスマッシュヒットならず?~】

このnoteはお手頃価格で販売しています。
ご購読される方は、お早めにご購読いただく方がお得です。

若手俳優として知られる高良健吾さん。
高校生時代に熊本のタウン誌「クマモト」にスカウトされたことが縁で芸能界デビュー。
2016年1月期のフジテレビ月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」に主演し、ブ

もっとみる

美しいものは、正しいのか

こんばんは。

弾丸で東京での用事を済ませて大阪に帰宅中の横田です。今回は久しぶりに車で移動しております。

用事が午後からだったから、午前中の間に何人か連れて美術館に行ってきたんだけど、最近の出来事と関連して思うところがあったので簡単に書いてみる。

■松方コレクション

という展示を見てきた。国立西洋美術館の開館60周年のイベント。

1900年前後の当時、川崎造船の社長を務めていた実業家の松

もっとみる
ありがとうございます!ちょっと前の記事なんかも見て欲しいな
3

〜無限の彼方へ〜 ありのままの感想&考察

先日、トイストーリー4を観てきました。
公開されてから観る日までずっと悶々とした日々を送っておりました。

①おもちゃの幸せ

前作の123まではどちらかと言えば、
"人とおもちゃとの絆のものがたり"
がメインテーマに描かれた作品だったと感じていました。しかし、今回の4では、
"おもちゃ自身の幸せ"
について重きを置いているように感じました。

これは②にも関係してくるのですが、
ウッディーが最終

もっとみる

ディズニークルーズ+WDW 【MARVEL好き的ポイント】

MARVEL=ディズニー社の重要なコンテンツ

2009年、ディズニーはマーベル社を買収しました(自分自身マーベル作品にハマりだしたのはガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年)辺りなので、当時はあまりチェックしていませんでしたが)。それから10年、今やディズニー社はディズニー、マーベル、スターウォーズ、そしてピクサーという4本柱で順調にコンテンツ展開をしています。マーベル映画=MCU(マー

もっとみる

ライオン・キング実写版は、人生の本質を語っていた深いストーリー

ライオン・キング実写版を見てきました!

「え?まだ公開されてないよ。」と思う方もいるはずですが、私は海外に住んでいて、日本より公開が早いため一足先に見てきました。

私自身はディズニーに大きな関心はなく、ライオン・キングの原作の内容もほぼ覚えていない状態で映画を見てきました笑

映画のお話は、原作と一緒のようですが、原作をすでに知っている人でも楽しめる作品だったようです。そしてとにかく映像が綺麗

もっとみる

黒人がリトルマーメイドの主人公を演じるとかいうポリコレ茶番劇について

2019年7月21日、現在参議院選挙が起きている中まったく時期的に周回遅れな話題を記事にされてもらう。

数週間前、名作「リトルマーメイド」の実写版作品に主人公であるアリエルをわざわざ黒人女優で演じるというニュースがあった。

俺は当然この安易に進歩主義(笑)的なキャスティングに当然反対であり、原作のキャラを歪めてまで映像化しようとするディズニーに遺憾と反感を抱いた。

ポリコレゴリ推しここまで来

もっとみる

「ディズニーランド」に一人で行けるか?

ディズニーランドの入場券を親戚からもらった。
しかしまだ東京に引っ越してきたばかりで、友達が全くいない。
入場券の有効期限はもうすぐ切れる。
そのような状況で、皆さんは一人でディズニーランドに行くだろうか?

おそらく多くの人は行かないと思う。
無料でアトラクションに乗れるのだから、行かないと損であるにも関わらずである。
なぜか?

周りの目が気になるからである。
周りはカップルや友人だらけの環境

もっとみる

ほんとうの愛

ホオジロザメに生きたまま喰われる。

生きたまま焼け死ぬ。

そういう死に方だけはぜったいに嫌。それだけはカンベン。

でも、もし、あのひとと一緒だったら。そしてもし、あのひとをそれで助けられるなら。

それなら、かまわない。こわくない。いっときの激痛なんかへいき。私の死体はどうとでもなるわ。愛した事実は死にはしないわ。

あのひとは、すごく胸にこだわる。

あのひとがいつか他人事みたいに言ったこ

もっとみる

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ映画部「本気でオススメのアニメ映画回 最終夜」」でインサイド・ヘッドのお話をさせていただきました。

夜な夜な文庫さんの「夜な夜なラジオ映画部「本気でオススメのアニメ映画回 最終夜」」でインサイド・ヘッドのお話をさせていただきました。

なぜか2位の途中あたりでトーンダウンしてしまい笑、1位もトーンダウンしてしまった状態で録音されてしまったインサイド・ヘッドですが、間違いなく大傑作なので、ぜひ一度観てみていただきたい。 本編でも触れているとおり、説明のしようがない。

あと、多分諸問題が発生した1

もっとみる

物事を始めるには、話をやめ、行動を開始することだ

本日で3歩目。

どうも、こんばんは。あゆむです。

タイトルの言葉は、僕が NOTEを毎日書こうと思ったきっかけになった言葉です。

言葉の主は、ウォルト・ディズニー。

僕はいつか、会社員を辞めて、(実は会社で働いてます。笑)ゆとりある自由な生活を送りたいなぁと思ってます。                     (僕が目指す、具体的な『ゆとりある自由な生活』については、別記事で語りたいと思っ

もっとみる