「良い映画に出会った」と思う瞬間

なんだか胸がざわざわするニュースで、落ち着きませんね。
私はアニメに全くもって明るくないので何も特別なことは言えないのですが、場所がどこであれ、こうした恐ろしく酷い事件が起きるのは本当に悲しいことです。。とにかく、祈ります。

先日、「彼女がその名を知らない鳥たち」という映画を観ました。とても有名で賞レースも総なめにした作品なのは知っていたのですが、お恥ずかしながら観ておらず、Netflixでの配

もっとみる

エンタメ通信No.14

【エンタメ通信No.14】

皆さん、いかがお過ごしですか?
「エンタメの殿堂」管理人です。
日頃からスキやコメント、クリエイターサポートなどのご支援を頂き、感謝致します。
今後も「エンタメの殿堂」をよろしくお願いします。

5月1日から新年号「令和」時代がスタートしました。
7月も中旬に入り、夏休み本番を迎えました。

映画業界は夏休み商戦真っ只中。
配給各社もぞくぞく大作や話題作を公開する時期

もっとみる

宮崎大祐『TOURISM』失われた本来の"観光"とは

スマホの登場によって、世界は更に縮小の一途を辿り、海外に行くハードルはお金くらいになってしまった情報氾濫社会において、観光名所だけ回って中心地のモールの中を見てイオンモールと同じだねとなるような、知りたいことは全部ググって会話もほとんど内輪で済ませるような、そんな旅行が本当の"TOURISM=観光"なのか。現に序盤はそんな感じだった。取り敢えずインスタ映えしときゃええみたいな映像美、そして勿論映え

もっとみる

ブログに「パンク侍、斬られて候」(2018)の感想を書きましたー!
石井岳龍監督、宮藤官九郎脚本のハチャメチャで“パンク”な時代劇でした。
http://aozprapurasu.hatenablog.com/entry/2019/07/15/221605?_ga=2.165406463.1121224083.1562125460-1906099834.1397489967

トーク版
https://radiotalk.jp/talk/159636

プリントTシャツが出てくる映画のまとめ

こんばんは。
今回はプリントTシャツが出てくる映画について書きました。

それではスタート!

カジュアルが確立していなかった時代

60年代の映画を観ていると、フォーマル寄りの格好が多いです。

特に男性の登場人物は襟付きの服を着ていることが多い。

というかスーツスタイルが大半。

70年代前半でも、カジュアルアイテムの定番であるTシャツが珍しかったという証言もあります。

1970年に創立し

もっとみる

【ネタバレなし】サンダンス映画祭、ベルリン国際映画祭W受賞作『WE ARE LITTLE ZOMBIES』を観ました

ゾンビ映画ではありません、はい。

両親を亡くしたのに泣けない、そんな主人公の少年少女たちが、
心の無い自分たちをゾンビになぞらえて
生きてるか死んでるかわからないけどとりあえず生きていくお話。

観たのは一月くらい前なんですが、正直ここまで心に残った邦画はあまりありません。

とりあえずこれを見て片鱗を味わってください。youtubeにあがっている架空のMV。

【観たことない魅力】

多くのと

もっとみる

『いちごの唄』 全力で、恋した時間は、永遠なんだ。

先日、早く見に行きたかった銀杏BOYZの映画『いちごの唄』を新宿ピカデリーに見に行った。とてもよかった。あ〜好き!!!
銀杏BOYZを好きじゃなかったとしても、音楽が好きな人なら、いや誰にでもおすすめできる、そんな映画です。

いちごの唄

7月5日に公開された、『雪の華』「ひよっこ」岡田惠和×銀杏 BOYZ 峯田和伸が紡いだ青春と恋の物語。

数々の名作映画・ドラマを手掛けてきた脚本家・岡田惠和

もっとみる

黒澤明「隠し砦の三悪人」

三船敏郎主演の昭和33年(1958年)公開の日本映画(東宝・139分)です。

ジョージ・ルーカス監督が『STAR WARS』を制作するにあたって、黒澤映画の影響を強く受けたという話はよく知られていますが、中でも『隠し砦の三悪人』の影響は大変大きいものだったようです。

レイア姫は雪姫様、C-3POとR2-D2は太平と又七がモデルになっているそうです。

時は戦国時代。国境を接する秋月藩・山名藩・

もっとみる

”綺麗”と”綺麗ごと”のあいだをつなぐ~「町田くんの世界」

「綺麗」は濁りや穢れのないさま、
「綺麗ごと」は見せかけだけの体裁で実質が伴わないさま。

 年を重ねるにつれ、綺麗なものも「綺麗ごと」に見えてくる。
 特に選挙期間中である今は、実現が不可能そうな理想論を聞いては「そんなこと言っても現実はねえ」とツッコむ自分もいる。

 かといって、理想を否定してばかりいても、何も良くなってはいかない。

 「町田くんの世界」は、ちょっと斜に構えた子どもたちや、

もっとみる