見出し画像

第18回週間映画興行収入ランキング(2019年4月第2週)

【第18回週間映画興行収入ランキング(2019年4月第2週)】



今週のランキングは「ドラえもん のび太の月面探査記」VS「名探偵コナン 紺青の拳」。
「ドラえもん のび太の月面探査記」のV7か?
「名探偵コナン 紺青の拳」の初登場1位か?
また、「ハンターキラー 潜航せよ」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の週間映画興行収入ランキングを毎週金曜日に配信していきます。
また、「エンタメの殿堂」の有料noteは読み応えのある内容となっています。
「2019年映画興行収入ランキング」なども是非1度ご購読ください。


集計期間 2019年4月13日~4月14日

『週間映画興行収入ランキング』
1位 「名探偵コナン 紺青の拳」14億6378万円
2位 「ドラえもん のび太の月面探査記」9779万円
3位 「ハンターキラー 潜航せよ」9108万円
4位 「ダンボ」7696万円
5位 「翔んで埼玉」7676万円
6位 「キャプテン・マーベル」6707万円
7位 「グリーンブック」5248万円
8位 「ハロウィン」4140万円
9位 「バンブルビー」3871万円
10位 「KING OF PRISMA Shiny Seven StarsⅢ」3368万円
11位 「映画プリキュアミラクルユニバース」3259万円
12位 「映画 少年たち」3258万円
13位 「君は月夜に光り輝く」3186万円
14位 「映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー」2670万円
15位 「ボヘミアン・ラプソディ」2417万円
16位 「スパイダーマン スパイダーバース」1523万円

「名探偵コナン 紺青の拳」が初登場1位。
劇場版「名探偵コナン」シリーズ第23作目。
予測以上のオープニング成績を記録し、メガヒットスタートを切りました。
土日2日間で観客動員114万5000人(前作101万2000人)、興行収入14億6300万円(前作12億9600万円)。
3日間で観客動員145万8000人(前作128万9000人)、興行収入18億8600万円(前作16億7100万円)。
前作「名探偵コナン ゼロの執行人」(興行収入91億8000万円)以上のオープニング成績を記録し、興行収入100億円に向けて好スタートを切りました。
今後の課題は急ブレーキが掛かずに目標ラインまで興行出来るかが焦点となります。
来月以降、興行収入100億円を達成すれば令和初の100億円作品となります。
今週はここまでが週間興行収入1億円以上を記録。
1週目 約14億6300万円
観客動員は145万8000人を突破しています。
興行収入100億円が目標ライン。
興行収入18億8000万円を突破しています。

「ドラえもん のび太の月面探査記」は先週までの6週連続1位から2位にランクダウン。
映画ドラえもんシリーズ通算第39作目。
7週連続TOP10圏内にランクイン。
「名探偵コナン 紺青の拳」に首位を譲り、記録はV6でストップ。
シリーズ最高興行収入を記録した前作「ドラえもん のび太の宝島」(興行収入53億7000万円)を上回れるかが焦点。
1週目 約6億9500万円
2週目 約6億1200万円
3週目 約4億3700万円
4週目 約3億1000万円
5週目 約3億2300万円
6週目 約1億7400万円
7週目 約9700万円
観客動員は409万0000人を突破しています。
興行収入50億円が目標ライン。
興行収入46億8000万円を突破しています。

「ハンターキラー 潜航せよ」が初登場3位。
ジェラルド・バトラー主演のスリラー映画。
アメリカでは2018年10月26日に公開され初登場5位と厳しい結果となっています。
1週目 約9100万円
興行収入7億円が目標ライン。
興行収入1億2000万円を突破しています。

「ダンボ」は先週までの2週連続2位から4位にランクダウン。
1941年公開「ダンボ」を原作とする実写作品。
興行収入10億円を達成できるかが焦点。
1週目 約2億5100万円
2週目 約1億0900万円
3週目 約7600万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入7億7000万円を突破しています。

「翔んで埼玉」は先週までの3週連続3位から5位にランクダウン。
魔夜峰央原作による漫画の実写映画化作品。
二階堂ふみ&GACKT主演の話題作。
8週連続TOP10圏内にランクイン。
配給元の東映は「ドラゴンボール超 ブロリー」(興行収入38億9556万円)以来となる大ヒットを記録。
1週目 約2億5900万円
2週目 約2億8000万円
3週目 約2億7000万円
4週目 約2億2700万円
5週目 約1億7400万円
6週目 約1億6500万円
7週目 約1億0400万円
8週目 約7600万円
観客動員は257万0000人を突破しています。
興行収入35億円が目標ライン。
興行収入33億2000万円を突破しています。

「キャプテン・マーベル」は先週までの2週連続4位から6位にランクダウン。
マーベラスコミック原作による女性ヒーローを主人公にしたアクション作品。
5週連続TOP10圏内にランクイン。
1週目 約4億2600万円
2週目 約1億8000万円
3週目 約1億2400万円
4週目 約8400万円
5週目 約6700万円
興行収入20億円が目標ライン。
興行収入18億8000万円を突破しています。

「グリーンブック」は先週から2週連続7位を維持。
第91回アカデミー賞では、作品賞・助演男優賞・脚本賞の3部門で栄冠を獲得した話題作。
7週連続TOP10圏内にランクイン。
目標ラインの興行収入18億円を達成。
目標ラインも興行収入20億円に上方修正。
観客動員ランキングは8位。
1週目 約2億9200万円
2週目 約1億8900万円
3週目 約1億3700万円
4週目 約9500万円
5週目 約7800万円
6週目 約5200万円
7週目 約5200万円
観客動員は146万0000人を突破しています。
興行収入20億円が目標ライン。
興行収入18億6000万円を突破しています。

「ハロウィン」が初登場8位。
1978年公開の名作ホラー映画「ハロウィン」の40年後を描いた続編。
配給元のパルコにとっては最大のヒット作品になる見込み。
観客動員ランキングは7位。
1週目 約4100万円
興行収入5億円が目標ライン。
興行収入6000万円を突破しています。

「バンブルビー」は先週5位から9位にランクダウン。
「トランスフォーマー」シリーズのスピンオフ作品。
4週連続TOP10圏内にランクイン。
興行収入10億円は微妙な状況。
観客動員ランキングは10位。
1週目 約1億7200万円
2週目 約1億1100万円
3週目 約6000万円
4週目 約3800万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入8億0000万円を突破しています。

「KING OF PRISMA Shiny Seven StarsⅢ」が初登場10位。
人気アニメ「KING OF PRISMA Shiny Seven Stars」の劇場編集版第3作目。
1週目 約3300万円
興行収入3億円が目標ライン。
興行収入3000万円を突破しています。

「映画プリキュアミラクルユニバース」は先週9位から11位にランクダウン。
劇場版プリキュアクロスオーバーシリーズ第12作目。
劇場版プリキュアクロスオーバーシリーズとして2作連続、春映画として史上初の興行収入10億円を達成できるかが焦点。
観客動員ランキングは9位。
1週目 約2億4800万円
2週目 約1億0400万円
3週目 約8100万円
4週目 約4400万円
5週目 約3200万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入8億7000万円を突破しています。

「映画 少年たち」は先週6位から12位にランクダウン。
ジャニーズJr.が多数出演している話題作。
ジャニーズ事務所の舞台「少年たち」の映画化作品。
1週目 約8400万円
2週目 約5400万円
3週目 約3200万円
興行収入5億円が目標ライン。
興行収入3億8000万円を突破しています。

「君は月夜に光り輝く」は先週8位から13位にランクダウン。
佐野徹夜原作による小説の映画化作品。
永野芽郁&北村匠海主演の話題作。
興行収入10億円を達成できるかが焦点。
目標ラインの興行収入10億円を達成。
観客動員ランキングは11位。
1週目 約1億4200万円
2週目 約8900万円
3週目 約7600万円
4週目 約4800万円
5週目 約3100万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入10億0000万円を突破しています。

「映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー」は先週11位から14位にランクダウン。
劇場版「きかんしゃトーマス」シリーズ第14作目。
1週目 約ー万円
2週目 約2600万円
興行収入3億円が目標ライン。
興行収入8000万円を突破しています。

「ボヘミアン・ラプソディ」は先週12位から15位にランクダウン。
伝説的ロックバンド「クイーン」のフレディ・マーキュリーを主人公とした伝記映画。
興行収入130億円達成は微妙な状況。
1週目 約4億9000万円
2週目 約3億8800万円
3週目 約3億9500万円
4週目 約4億9800万円
5週目 約5億0200万円
6週目 約4億2900万円
7週目 約3億8200万円
8週目 約3億7300万円
9週目 約3億2700万円
10週目 約3億8100万円
11週目 約2億4800万円
12週目 約2億3200万円
13週目 約1億9800万円
14週目 約1億4300万円
15週目 約1億1400万円
16週目 約9700万円
17週目 約9800万円
18週目 約8000万円
19週目 約5200万円
20週目 約4200万円
21週目 約4700万円
22週目 約2900万円
23週目 約2400万円
興行収入130億円が目標ライン。
興行収入129億1000万円を突破しています。

「スパイダーマン スパイダーバース」は先週13位から16位にランクダウン。
スパイダーマンシリーズ初のアニメーション作品。
目標ラインの興行収入10億円達成は微妙な状況。
1週目 約1億5900万円
2週目 約9300万円
3週目 約5300万円
4週目 約3600万円
5週目 約2600万円
6週目 約1500万円
興行収入10億円が目標ライン。
興行収入8億6000万円を突破しています。



『来週ランクイン有力作品』
(邦画)
「キングダム」
「いつか輝いていた彼女は」
「波乗りオフィスへようこそ」
「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~」
「劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ」
(洋画)
「シャザム!」
「アガサ・クリスティー ねじれた家」
「ある少年の告白」
「シー・ラヴズ・ミー」

来週は4月第3週目を迎えます。
来週のオープニング成績予想
○「キングダム」5億0000万円~6億0000万円
○「クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~」2億5000万円~3億5000万円
○「シャザム!」1億5000万円~2億5000万円
○「劇場版 響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ」5000万円~1億5000万円

詳しい興行収入は「2019年映画興行収入ランキング」をご購読ください。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「エンタメの殿堂」の更なる充実のため、サポートをよろしくお願いいたします。 今度も記事数増加やマガジン充実に向けて努めていきます。

スキありがとうございます。
1

エンタメの殿堂

「エンタメの殿堂」公式note。 有料note大幅値下げ中。 俳優・女優別主演映画総興行収入ランキングなどの人気noteを多数配信。 その他、映画に関する様々なnoteを配信中。 購読料がお得なマガジンも充実。

週間映画興行収入マガジン

「エンタメの殿堂」公式マガジン。 「週間映画興行収入ランキング」を収録。 「週間映画興行収入ランキング」毎週金曜日に配信中。 ぜひ、購読をよろしくお願いします。 マガジンの内容は無断転載やSNSへの無断転用等を禁止。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。