『訳もなく心が病む』は、単純に栄養不足です

こんにちは。岡本ナナです。

このnoteで言いたいことは、タイトルでだいたい言い終わりました!笑


・とにかく元気が出ない
・何にもやる気がしない
・何をしても楽しくない
・気分が沈んで、考え方がネガティブになってしまう

これといった理由もなく、こんな状態になる時は、十中八九、栄養不足が原因です。

特に、ホルモンの成分になるタンパク質や、水分、ひいては酸素など、めっちゃ基本的なものがほとんどです。

変に心が病みやすくて困っているという人は、病院に行くことを考える前に、まず次のことを試してみてください。

1.深呼吸する
2.お水(お茶やジュースじゃなく)を飲む
3.肩を回す

↑これが、今できること。

これで治ったらこのnoteはもう閉じてOKです。

治らなかったら、次はこちらを試してみてください。↓

4.豆腐を食べる
5.梅干しを食べる
6.肉料理を食べる

これでも治らなかったら、次のことを試してみてください。

7.1~2時間ぐらい早く寝る
8.1分間ジャンプする
9.3分間走る(息が上がらない程度で大丈夫です)

↑これをやる元気すらない人は、先にこちらのnoteを読んでください。↓

思い出してほしいんですが、心を作り出しているのは脳です。

そして、脳は肉体の一部であり、物理装置です。

パソコンの調子が悪かったら『元気出そうよ』なんて言わず、物理的に直しますよね。

それと同じで、心の調子が悪い時も、物理的なアプローチが一番手っ取り早く、現実的なんです。

今回は、メンタルケアの中で費用対効果が一番高い方法を書きました。

メンタルケアの方法をGoogleで探すと、机上の空論を羅列しただけのクソ記事ばっかり出てくるので、まずは私のnoteに書いてある方法を先に試してみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

岡本ナナ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。