青春陰気小説

13
ノート

『ヒヅメ坂の子供達』試し読みページ

電子書籍『ヒヅメ坂の子供達』の試し読みを用意しました。
気になってる方、ぜひぜひこちらでチェックしていただけると嬉しいです。

ヒヅメ坂の子供達
著者 館山緑
表紙イラスト Neit
kindle、koboにて電子書籍発売
定価400円

あらすじ
自分が恐怖を抱いているのは『ここ』だ。ヒヅメ坂だ──
もうすぐ秋の祭を迎える頃。閉鎖的な集落、ヒヅメ坂に住む少年、来(きたる)は何の理由も兆候もなく強

もっとみる

青春陰気小説リスト

掲載作(新作順) 2017年2月時点
心には君のパズル
ツマベニの日
埋め尽くす君の黒
そんな世界
飼育小屋のゴミで肉(前編、後編)
戦えキルシュトルテ

心には君のパズル

2017/02/21公開

新学期から程ない時期の校外学習に行った途中、突然謎の無双居室で目覚めた少女、伊勢崎芽衣は、憶えていないクラスメートの少年、明石香積と共に暗がりを探索する。しかしどれだけ歩いてもその広大な暗い建物に

もっとみる

『君の居場所の向こうに何か』試し読みページ

電子書籍『君の居場所の向こうに何か』の試し読みを用意しました。
気になってる方、ぜひぜひこちらでチェックしていただけると嬉しいです。

君の居場所の向こうに何か
著者 館山緑
表紙イラスト 佐竹愼
kindle、koboにて電子書籍発売中
定価400円

製品情報
少年少女の痛みと向こう側を描く物語を集めた初短篇集。独特なカラーを持つアンソロジーに寄稿した館山緑の短編五本と、書き下ろし短編『蓄積さ

もっとみる

『流され雛の朝』試し読みページ

granatの新作小説、電子書籍『流され雛の朝』の試し読みを用意しました。
気になってる方、ぜひぜひこちらでチェックしていただけると嬉しいです。

流され雛の朝
著者 館山緑
表紙イラスト なきくに
kindle、koboにて電子書籍発売中
定価400円

あらすじ
平凡な四人家族が惨殺される事件。十二歳の誕生日に起こった『最初の事件』でただ一人残った少女、万里はそれ以前の過去を全て失っていた。

もっとみる

『壁の中のside-B』試し読みページ

電子書籍『壁の中のside-B』の試し読みを用意しました。
気になってる方、ぜひぜひこちらでチェックしていただけると嬉しいです。

壁の中のside-B
著者 館山緑
表紙イラスト 二上ネイト
kindle、koboにて電子書籍発売中
定価400円

あらすじ
体が溶けて死んでしまう奇病、通称『メルト』が急に勃発した波南町は、外部への感染を防ぐために急遽高い壁で隔離された。
波南町に住む『わたし

もっとみる

『落下症候群』試し読みページ

電子書籍『落下症候群』の試し読みを用意しました。
気になってる方、ぜひぜひこちらでチェックしていただけると嬉しいです。

落下症候群
著者 館山緑
表紙イラスト もぐさ
kindle、kobo、BOOTHにて電子書籍発売中
定価400円

あらすじ
通っていた塾の屋上から、生徒が一人飛び降りたのを目撃してしまった伊藤章生は、他校で流れている『勇気を代償に天使を買う』噂を知る。死んだ少年は『天使を買

もっとみる

心には君のパズル

無窓居室という言葉を聞いたことがある。
 窓がなかったり、必要なだけの採光面積が取れない部屋は住むための部屋として認められない。そういう居室を無窓居室と言うそうだ。
 私、伊勢崎(いせざき)芽衣(めい)が転がっていた『ここ』がかなり広い無窓居室らしいことに気がついたのは体を起こして三十秒ほど経ってからだった。
(どこだろ、ここ)
 大体十畳くらいの天井の高い、窓がない部屋だった。ただ、窓もなく灯り

もっとみる

ツマベニの日

あの子から血の臭いがする。
 そう思ったのは多分、僕の勘違いだった。
 何故ならそもそもあの日、あの場所で吐きそうなほど血の臭いを撒き散らしていたのは、彼女ではなく僕自身だったのだから。
 その時の僕は横たわる死体――しかも刺されて死んだ死体の傷口に手をついて、大泣きしながらもどうしたらいいのか解らず、まともに身動きできなかったのだ。
 血まみれの死体の上に手をついて立ち上がろうとするのは難しかっ

もっとみる

埋め尽くす君の黒

昔から、山犬が出るという話があった。
 夜の道を歩いてくる時に、もし犬のついてくる気配がしたら食われてしまうよと言われていた。
 その途中、暗がりを埋め尽くすほどの雀の声が聞こえてくることがあったら、それは夜雀(よすずめ)。
 山犬の先触れとして現れる夜雀の声は、道を歩くことすらできないほど騒がしく、どこまでもついてくる。山犬から守ってくれる代わりに、どこまでもついてくるのだという。
 私はあの時

もっとみる

そんな世界

俺にとって『これ』はロッカーから始まる物語だ。
 誰かと初めて出逢うタイミングとして「貧相な担任教師が開いた教室のロッカーから誰かが出てくる」なんていうパターンがあると、生まれてこの方、俺、蓮生(れんじょう)尚行(なおゆき)の頭に浮かんだことは一度もなかったが、そんな馬鹿げた始まりが全てを変えた――のだと思う。
 ついでに言えばこの教室自体も本来俺が在籍している学校のものではなく、隣の学区のものだ

もっとみる