あの恋

お題

ただいまこのハッシュタグで作品を絶賛募集中です。
あなたもステキな記事を書いて参加しましょう!

好きの反対

付き合いはじめて2か月くらいの時、デート中に彼が書店に入ろうと言って、二人で書店に入った。
お互いに適当な本を読んでいたが、やがて彼が何か話したそうにこちらに近づいてきた。

「ねえ、愛の反対は憎悪ではなく無関心だって、知ってる?」

知っている。日本ではマザーテレサが言ったとして知られている言葉。本当は別の誰かが言ったらしい。
適当に頷いて続きを促す。少し上機嫌になったようで、彼はまた得意げに話

もっとみる

掌編『ネモフィラの視線』2019.11.21

榎田先生が他人になる前に、わたしは告白をしなくちゃいけない。教室のすみに座っていた、ひとりの女の子が、どんな想いを抱いていたか。どういう気持ちで、あんなことをしていたのか。
 ネモフィラの種まきをしたのは、うだるような暑さが亡霊みたいに居座る去年の秋口だ。くたびれたアパートの花壇は雑草もはえていなくて、大家さんが、寂しいねと笑っていた。なんでもすきな花の種を植えていいよ、と言われて、あの日、花屋に

もっとみる
ありがとうございます。
3

8月から9月。心の闇の抜き方。

文章を書こうとするとあっという間に時間が経ってしまうけれど、本を読んでいると時間の進みは遅い気がする。
何も書かないまま盛夏が終わり秋が来て去っていこうとしている。
夏に旅行に出かけた際に、過去のnoteを下書きに戻してしまった。
思うままに書き殴っていたので、整理し直そうとして早数ヶ月。
夏から秋にあったことを順番に書いて行こうと思う。

8月はとても暑く、子どもの夏休みでこちらも精一杯だった。

もっとみる

冬、終わらせました

一つ前の記事で冬が始まった話をしたが、今回はそれを終わらせた話だ。
わずか2日で心変わり。ここではそこに至った経緯を書こうと思う。

インターネットではギャル神話がもてはやされている。そこでいうギャル像は、化粧が濃く派手な服装を好み、普通の人なら尻込みする場面でも言いたいことをズバッと言え、無駄なことは無駄と切り捨てる女の子。タメ口で馴れ馴れしいけれど、愛嬌があってみんなに好かれている。
こんな人

もっとみる
ありがとうございます!救われました
2

あの恋!ふりだし

辞令は、四国から関東に戻るカタチになる、東京には戻れないらしい

本当に面白い職だよ、高松に着任する時は、羽田から飛行機だった四国が支払ってくれた。今回は、関東へ転任だ、指示は、新幹線で来て下さいと・・支払いケチりやがって!(笑)高速バスで来いと言われないだけいい方か

さいたま新都心、久しぶりだな、ここのいいとこは、駅から多少の雨が降っていてもアーケードに沿うように歩けば、合同庁舎2号館まで濡れ

もっとみる
ありがたき幸せ
4

親友に恋人ができた。嬉しいけど、寂しい。嬉しいのに、寂しい。でも、嬉しい。幸せになってほしい。そんな、今日この頃。

恋わずらい*続続続続*

一番始末が悪かった話は、
結婚指輪を買いに行った時だ。

友達の紹介で、半額で指輪が買えると言う事で、
電車に乗って、出かけた。

今から思えば半額で結婚ゆびわを、買おうとするのも、
どうかと思う。

でも、別に半額だからといって指輪に、
呪いが掛かっているというのでもない。
せめて卸価格というのが、親切だと思うが、
友達は、配慮が無かった。

どこかの駅で、待ち合わせた様な記憶がある。

でも、

もっとみる
毎日、楽しくなります様に、。有難うございます。
2

そのぬくもりを

ひとりぼっちだったとき、かじかんだわたしの手を温めてくれたのは小さなマグカップだった。 
わたしの手のひらより少し小さな、白いマグカップ。

心が冷え切ったときはいつも、ゆらゆらと湯気を立たせながらわたしの手のひらを温めてくれた。
その熱いくらいの温度が、“きみはひとりぼっちじゃないんだよ”と言ってくれているみたいで、無機質な冷たさになるまでずっとずっとカップを握りしめていた。



それから長

もっとみる
次も頑張ります!
3

冬の足音が聞こえた

秋の匂いがずっと好きだった

太陽の翳り方も影の長さも

ただの1/4ではない

思い出すあの頃の景色は

全て秋色である

次の季節はそこには存在していない

時が経ち今は

冷たい風が嫌いではない

透き通っている そんな感じがするから

街を人をキレイに映すから

袖を通すものがひとつ増えた

ああそうか

新しい季節がやってきたんだなぁ

ありがとうございます!!
11

君は愛が何かを知っている

人がひしめき合っている.
そんな中でも,愛し合っている人同士の糸が可視化できたらどうなるんだろうって思う.
糸は人と人,人と物,必ずしも一人一本ではない.きっとたくさん糸が出るだろう.
雑踏の中でも何ひとつ絡まりもせず,それはただただ相手に伸びているんだろう.そんな景色を見てみたい.

何かを想っている先には愛する何かがいる.
最近そう思うようになった.
ただ単に体調を想う,久々に何しているんだろ

もっとみる
いつもしょーもない文章ですみません.
7