変化

あの人を好きになって
3ヶ月半が経った
猛烈な想いを封印してから
わたしたちの間には
穏やかでほっこりした時間が流れている

この3ヶ月でたくさんの変化があった
相手を信じて待つことができるようになった
自分の気持ちを言えるようになった
勝手に推測しないで
会って話をして判断するようになった
それまではモヤモヤしても仕方ないと
割り切れるようになった

あの人のおかげで
私は10代20代前半で悩ん

もっとみる

自分を生きること

自分らしく生きることを
選ぼうと思う
自分を幸せにできるのも自分だし
幸せになる道を選ぶのも自分
誰かのために生きることは素敵だけど
それは自分が幸せになるから
そうすることで
自分が不幸なのに
それをすることに何のいいこともない

時に好きになる人を
見誤るときもある
好きになった自分は否定しないけれども
そこから自分を解放してあげられるのは
自分しかいないんだと

この2ヶ月の自分を反省した

もっとみる

今日までのわたしにさようなら

久しぶりに
やっと、やっと会えた帰り道
何気なく言われた奥さんの話
知り合いから聞いた不倫の話をされたのだと
それが自分たちがしていることと
かぶっていると…

その瞬間、
急速に気持ちが後退していくのがわかった
やっぱりだめだ
やっぱり無理だったんだ
これ以上は一緒にいちゃだめなんだ

怖くて吐き気がした
自分のしていることが
もしかしたら相手の家庭や子供のや
両親や仕事や友達や
たくさんのもの

もっとみる

好きなひと

また、今日も会えなかった。
会えない記録、更新中。

幸せな結末が無いことが決まっている
物語は
どこに向かって進むんだろう
何のために
我慢して
何のために
涙を流すんだろう

あなたの伏し目がちに
はにかむ笑顔や
子供のことを話すときの
優しいかお
無邪気に笑うくせのある声や
男のくせにきれいな手
すぐに耳をかむとこや
お腹をつんつんしてくるところ
人のことをほっておけなくて
悔しくて怒っちゃ

もっとみる

あなたまでの距離

とても近付いたかと思えば
何も知らなかったことに気付かされたり
近くにいることを許してもらえたかと思えば
突き放されていると感じたり

とにかく
自分の思う通りにいかないことばかりで
結局は疲れてしまったんだ

人の気持ちなんて
完全にわかるもんじゃないのはわかっている
でも、わからなくて、わからなくて
なんだよ、もう…

あの人を待つのはやめよう
ここに、ただ、いる
あなたがわたしを求めるときが

もっとみる

わくわくする生き方。

自分を愛して人生を変える女子のレッスン❤️
こんにちわ、ぶちまきこと中村まきです。

悟空は常に「ワクワクすっぞ~!」と言ってる。
ね、そこのあなた。わくわくしとる?

わたしね、このワクワクの人生を生きたいと思って
常に前向いて頑張ってるよ✨

起業したときは「なんて馬鹿なことしたんや」って
周囲から沢山言われまくってね。

ああ・・私は極めつけの馬鹿なのね。

と思ったことが何度もあった。

もっとみる

言わせてくれてありがとう

終電の発車まで5分を切っていた

仕事終わりのたった30分の二人の時間
ネオンの中に腕を組みながら
嬉しそうに消えていくカップルたちを
何組も横目で見送りながら始まったこの抗争
わたしはしぶとい
そして彼もしぶとい

わたしの好きを信じてくれてありがとう

傍から身を隠すように
電気が消えたデパートの入り口の影で
今日もわたしはいじけていた
あなたの気持ちを勘違いしていた
LINEを振り返ってみた

もっとみる

とがってたっていいじゃない

歳をとって丸くなるって言うけど
傷ついて色んなことを経験して
反省して、揉まれて
とげが削れていくからだけじゃないんだって

自分自身が大きく成長していくから
トゲだった部分が
徐々に小さくなっていって
元々トゲだった部分が侵食されて
そうして丸くなっていくんだって

トゲがそもそも無かったら
ぶつかって傷つくことも無ければ
自分の小ささに気付くこともないのかもしれない

だから
とがってたってい

もっとみる

恋をすること

あなたを好きになってはじめて
自分が今まで恋をしていなかったことに
気が付きました

本当に恋をするって
幸せなことだと思っていたけど
ちがうんだね
こんなに苦しくなるなんて
知らなかった
苦しくて、苦しくて
いっそのことやめてしまおうか
なんて思ってしまう

恋を知らなかったあの頃の自分が
少し懐かしく思う
何を思って生きていたのか
どうやって生きていたのか
遠い遠い過去のようで
すぐに思い出せ

もっとみる

あの人がわたしのことどのくらい好きなのか気になるのは、どうしてだろう。自分の好きが一方通行だとなんで不安なんだろう。仕事と、これについては、ま、いっかー、って思えない。