劣化対策動画番外編!フィギュア関節のきしみにはこちら!

ギシギシと動き辛くて今にも壊してしまいそうなフィギュアにはこの方法がオススメ!初心者の方でも手軽に簡単にできるお手入れ方法を紹介しています!

わたしの着物はじめは無い無いづくし。できっこない、と反対すらされた。

先生からの勧めで、普段着のひとつとして物を着るようになったのだけど

その事始めには、母の大反対があった。

主な理由は、

①「(着物を)収納する場所がない」

②「手入れが大変(お前にはできない)」

③「高価でお金がかかる(なんとなく)」

・・・というもの。

確かに。

そのときは、それに対してなんにも言えなかったけど。

いまは、こんなふう。

① 収納場所 : 着ていない洋服を処分し

もっとみる

革靴のお手入れについて(2) ~お手入れ基本編~

革の理想状態を保つためには①

 さて、いよいよ靴のお手入れ方法についてご紹介いたします。前回の記事でお伝えしたことを一言でいうと、「靴のうるおいを保ちましよう」ということです。

 では、うるおいを保つために必要なことは何か。ばっと思い浮かぶのは「乳化性クリームなどを塗り込むこと」でしよう。ですが、履くたび履くたびにクリームを塗るの、大変ですよね?

 結論から申しますと、靴を履くたびにクリーム

もっとみる

肌から私を好きになる

そこは、上の子を産んで以来、足を踏み入れることのなかった聖域。

デパートの一階、化粧品売り場。あのきらびやかな白いビューティゾーン。

右を向いても左を向いても、美しさをピッタリと身にまとった女性たちが優雅ににこやかに立ち働く。

カウンターごしに前のめり気味に座っているお客の女性たちは年齢に関係なく誰もが「美と癒し」を求めている。

高校生の時に友達と一緒に初めて利用してから結婚するまで、私も

もっとみる

令・和装No.11ゆかたのお手入れ今まで、一般のクリーニング店の仕上げを見たことがなかった私は衝撃をうけました。

ゆかたをお手入れして
仕舞う時期になりました。
ゆかたのお手入れは、やはり
専門店にお願いしたほうがいいです。
2,000円から3,000円くらいはすると思いますが絶対専門店で!

なぜか!
一般のクリーニング店は
ゆかたの扱いを
わかっていないようです

のりがバリバリついていて、
アイロンのかけ方も強すぎて
きせがなくなってしまいます。

和服は直線を体に合わせて
丸みをつけて
装っていきます

もっとみる

革靴のお手入れについて( 1 ) ~そもそも「革」ってどんなもの?~

はじめに

 みなさん、ふだん履かれる革靴のお手入れはされておりますでしょうか?そもそも革靴のお手人れってなんでやる必要があるんでしよう?通勤中の道すがらや電車の中でサラリーマンの方々の足元を見ると、あまり(時にはほとんど)手入れをしていないのかなあと思う革靴たちとたくさん出会います。
革靴のお手入れをあまりされない方は、大体が以下の3つに分かれるかと思います。

A.そもそもやらない派 → 「手

もっとみる

真鍮のアクセが青緑色になっているけど大丈夫?その正体と安全性について。

金胎陶芸アクセサリーブランドhitotoi(ひととい)の犬塚です。

お気に入りの真鍮製のアンティーク風ジュエリー、しばらくつけていなかったら緑いろの汚れが!?なんてことありませんか?

これって大丈夫?毒性はあるの?といったことをたまに聞かれます。

今回は真鍮アクセサリーにつきものである青緑色の汚れの正体と、安全性などについてお話ししたいと思います。

緑の錆の正体は?

真鍮アクセサリーを、

もっとみる

オイルはこまめにさしましょう

「最近レバーの動きが鈍いなぁ🤔」と思ってたんですけど、邪魔臭がってちゃんとオイルをさしてなかったんですね。

こないだの練習の時に、流石にアカンなと思ってローターオイル(写真一番右)をさしたら一発でスルスル動くようになりました😅

やっぱり楽器はちゃんとお手入れしないとダメですね😅
私の使っているオイルとグリスです↓

こだわりが無いのでオイルはYAMAHA。
ローターオイルが無くなったら一

もっとみる

同居人の中華鍋コゲ落とし

どうも、カッパです。

実は私、人間界に住むだけで充分に重罪なのに、そのうえ純血の人間と同居している。このことについては、できれば見逃してほしい。ひょんなことから同居をし始めたのだが、その話はまた今度詳しくしたいと思う。その人間の同居人が最近DIYを始めたらしい。

 壁紙を張り替えたり、キッチンを改造したりしているのだが、人間からすれば少し不衛生くらいが丁度よい私たちカッパからしてみれば甚だ迷惑

もっとみる

長く使いたいものには手入れが必要。

長く付き合いたい人には配慮が必要。

長くやりたいことには工夫が必要。

そのまんまではダメになる。

どうでも良いことに気を使ってる場合じゃない。

でも、大切なものを大切にするのは意外に難しい。

そこを何とかして吉。

と、うちの猫が。