なな艸たけのこ

野草食日記 134   アオミズは湿地に生える三つ葉である

庭に雑草のように生い茂っているアオミズは、湿気の多い場所が好きな植物のようで、土地の人に聞いてもあまりあちこちで見かけるものではないようです。
梅雨の時期に家が濡れていると感じるぐらい湿気の多い我が家。
それを聞いて深く頷いてしまいます。

ま、それでもこんなに上品な香りの野草をふんだんに使えるのですから、それはそれで良しとしたい。
最近はサラダにも利用していることから、煮立てずとも三つ葉のように

もっとみる
やった〜
3

野草食日記 99 自家製 冷凍たけのこで青椒肉絲

5月に作っておいた冷凍たけのこ。
たけのこご飯用の味付きのものは割合使いよく、順調に減るものの、味無しで冷凍したのは春巻きの具に一度利用したのみでした。
ようやくピーマンもシーズンになってきたので (まぁ、ピーマンはいつでも売っているんですけれどね) 青椒肉絲を作ろうという気になり、一昨日の晩作りました。

青椒肉絲に取り掛かりづらい理由は他にもあって。
作り慣れていないんです。
息子がピーマンが

もっとみる
スキをありがとうございます。良い一日を!
1

野草食日記 75 冷凍たけのこご飯の素

4〜5月の孟宗竹の時期に、たけのこが沢山採れすぎる悩みについて書きました。

ひとまず冷凍できることがわかり、せっせと冷凍たけのこづくりをしていた時に、年上のちょっと素敵な女性から、たけのこご飯の素を作ってうちでは冷凍しているのよ、と教えてもらいました。

時々帰ってくる息子もたけのこご飯は好物なので、その時のためにもと、それ以降採れたものは薄く刻み、出汁醤油で少し濃いめに煮つめ、汁ごと冷凍庫へ。

もっとみる
Happy ♡
2

野草食日記 73 真竹のメンマとセロリの和え物

noteで、最近山の竹林で生えている細いタケノコは真竹ではないかと書いたところ、やはり真竹らしいという情報をいただきました。
なので、これからは真竹と呼ぶことにします。

先週、真竹の根元に近いほうの少し硬めのところでメンマを作りました。
油で炒めて砂糖を加え、そのあと水、中華スープの素、オイスターソース、醤油と共に汁気がなくなるまで煮ます。
仕上げに自家製ラー油を絡めて出来上がり。

はじめはそ

もっとみる
Thank you!

野草食日記 61  名前のわからないタケノコ

年に何回か、笹がビュビュンっと生えてくる時期があって、お茶室ではそんな笹のことをツンツン笹と呼んでいます。

今もちょうどそんな時期。
早めにカットしないと固くなって後で苦労することになります。
この時のポイントは、根元から切ること。
そうしないと節からまた枝が出てしまって、結局は元の木阿弥になってしまうのです。

昨日、お茶室でお掃除会があり、ボランティアの方にツンツン笹の処理をお願いし、スッキ

もっとみる
スキをありがとうございます。良い一日を!

野草食日記 52  ある日の夕食

2階の8畳間は、窓一面に山の景色が眺められ、家にいる1日の大半は猫と一緒にその部屋で過ごしています。 

最近は夕食もここでとることが多くなりました。
小さめのサイドテーブルしかないので、おかずは一皿盛りです。
2階まで少し距離はあるものの、運ぶお皿の数も洗い物も少なくて済むのは、なかなか良い感じ。

この日は 大根とタンポポとセリのサラダ、トマトソテーにミョウガタケをのせたの、セロリのカキドオシ

もっとみる
Happy ♡
3

野草食日記 44  ノゲシのオムレツ

日曜の朝食はいつもパンです。
土曜日参加した野草ワークパーティーでノゲシ入りのオムレツが美味しかったので作ることにしました。

以前、肉と組み合わせないとノゲシ臭さを感じると書いたことがあります。
でも、ワークパーティーで食べたのは、そんな風に思いませんでした。

大きく育ち固くなった下葉を使ったこと、あるいは採取してから時間が経過したものを使ったこと、いずれかが原因と推測。

昨日は冷蔵庫に、数

もっとみる
Thank you!
1

野草食日記 41  森林保全の観点からタケノコ採り

今週末参加する野草の会で、料理の持ち寄りをします。
食材確保のため、今朝タケノコを採ってきました。

夫がスコップで掘るのを横で応援したり、掘りたい人を竹林に案内し、これも横で見ていることはありました。でも実のところ自分で掘るのは今日が初めてです。

いや、掘るというより、折るという表現が近いかも。
頭が土からけっこう出ているものを狙って、周りの土を小さなスコップで少し除いてから、引いて押してバキ

もっとみる
やった〜
4

野草食日記 36  豚バラと筍のハルジオン炒め

筍が山のようにあるので、手を変え品を変え毎日食卓に登っています。

昨日は夫の好物の豚バラを使ってアジア風炒め物にしてみました。豚バラは買ってきた時に塩麹少々をまぶして冷凍しておいたものです。

菜種油を入れたフライパンで豚バラを炒め、色が変われば筍とかさ増しの厚揚げを入れて(全部豚バラだとやっぱり健康面的にね)、さらに炒めたらナンプラーと黒胡椒を挽きます。

最後に下拵えしてあったハルジオンの蕾

もっとみる
Thank you!

野草食日記 34 筍の姫皮で酢の物

筍も沢山あると、姫皮を丁寧に分けるのも億劫になってしまいますが、それでも1回くらいは酢の物で食べたい。

塩もみしたきゅうりと旬の新玉ねぎ、しらす干しと一緒に甘酢で合えました。

さっぱりとして美味しい。酢の物って日本のノンオイルサラダですね。

メルシー