なな艸

昨年から野草料理にはまっています。普段の食事で簡単に、美味しく野草を食べること、そして酒のつまみになれば尚良しというスタンスで日々ごはん作りをしています。好きな料理家は瀬尾幸子さん。身近にある素材で気負いなく作れる野草料理を模索しています。野草スタイリスト、リースデザイナー。
固定されたノート

野草料理事始め

ほうれん草、小松菜、青梗菜、春菊、水菜。 何故、八百屋にある菜っ葉は大抵この程度なのでしょう? 野草を食卓に取り入れて以来、こんな疑問をいつも感じています。 はじ...

0

野草食日記118 マッシュポテトのかぼちゃの花包み焼き

野草という括りには入らないかもしれませんが、「庭の記録」というマガジンを作っても投稿するときに3つのカテゴリーしか出てこないので、野草食日記に入れてしまいましょ...

0

野草食日記 117 繊細な和食に合う野草 アオミズ

庭に雑草のごとく生えているアオミズは、手折ると爽やかで上品な香りがする野草です。 繊細で芳しい香りはいつも私にちょっと高級な和食の料亭を連想させます。 お味噌汁よ...

0

野草食日記 116 梅シロップ利用 甘酒ゼリー

甘酒は「飲む点滴」と聞くようになってから久しいですが、先日改めて調べてみるとビタミンB群が豊富だということがわかりました。 甘酒が夏の飲み物だったこと、改めて先人...

0

野草食日記 115 山わさびに試行錯誤

いただいた山わさび、なかなかアレンジが難しいです。 ピリリと鼻に抜ける辛味があるにも関わらず、強すぎる味と合わせると自身の存在を消してしまうし、優しい味と合わせ...

0

野草食日記 114 コセンダングサの天ぷら

前回の投稿のあと、コセンダングサの頭頂の柔らかい部分を摘み、茹でたあと暫く水に晒し、葉を一枚味見をしてみると、ちょっと苦い味がしました。 けれども、セイタカアワ...

2