なるべく働きたくない人のためのお金の話

働くことについて最近考えていること

ひとつ前のnote で、『仮縫』についてつらつらと書いたけれど、絶賛人生仮縫中のわたしは、最近、働くこと、働き方、生き方、みたいなことをぐだぐだと考えている。

きっかけは今の部署での仕事が長時間労働で体力的にしんどいのと、人間関係がこじれて精神的にしんどいのが重なったこと。加えて、異動に伴い、希望がかなって携わっていた仕事から離れてしまったこと。

29歳という年齢もひとつのきっかけかもしれない

もっとみる

仕事と余白の答えを探して

お金とのつきあい方の見直しは、生き方を探す地道な作業とも言い換えられる。
始まりの逃避は、終わりのない更新へ。
あなたが今支払おうとしたそれは、どんな感情の対価か?
豊かさのめぐる社会を思い描く、一つの本。

「なるべく働きたくない人のためのお金の話」
大原扁理
2018年7月17日 百万年書房

もっとみる
わたしも「スキ」♪