ゆかしきもの

【ゆかしきもの】「いかり肩の人は和服が似合わない」は嘘!肩を美しく見せる浴衣姿のポイント

こんばんは。着物コーディネーターさとです。

先日こんなご相談を受けました。
「私はいかり肩なので、和服が似合わないって言われるんです」

な、なんだって!?けしからん!!

と個人的には思ったのですが、
(寸胴な人は着物が似合う、等を他人に向かって言うのは
立派な体型ディスだと思っています)
確かに「肩の形をキレイに見せる」着付けには、
ちょっとコツが必要です。

現代人は、肩の形が綺麗な

もっとみる

【ゆかしきもの】全体像の印象を決める「着物の着丈」のデザインの仕方

こんにちは。
着物コーディネーターさとです。

女性のみなさんは、好きなスカートの丈ってありますか?
私はひざ下5~10センチくらいが好きなのですが、その理由は「足が細く見えるから」です。笑

以前note記事でも書いたことがあるのですが、着物は足や腕、首などの付け根を隠すので輪郭をぼやけさせ、
「目の錯覚」で華奢に見せることができます。
着付け=デザインなんですね。
今日は着丈、つまり足元のデザ

もっとみる

【着物コラム】着物的視点で振り返る2018年のニュース

こんばんは、着物コーディネーターさとです。
あけましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年もたくさんの事がありましたね。
個人的に昨年は思うことの多いニュースが多かった年でした。
なので、勝手に「着物的視点」で2018年のニュースを振り返ってみたいと思います!

1月 「はれのひ騒動」

着物好きの方だけではなく、まだ記憶に新しい人も多いかと思います。
成人

もっとみる

【ゆかしきもの】質感の違う帯による仕上がりの違い

こんばんは。
着物コーディネーターさとです。

帯結び、特に半幅帯は顕著だと思うのですが、
帯結びが「綺麗に仕上がる帯」と「そうじゃない帯」って
差があると思いませんか?

帯結びには帯の質感、
特に、硬さ・柔らかさ・ハリなどによって、
向いている帯とそうでない帯があります。

今日はそんな「帯の質感による仕上がりの違い」について書いてみました。

では、使用する物の紹介です。
今日は質感の違

もっとみる

【ゆかしきもの】同じ着物を3パターン着まわし企画!①

こんにちは。
着物コーディネーターさとです。

着物の世界だと、
着物ってコーディネート次第で変わる!ってよく言います。
確かに着物は洋服と違ってパターンが全て同じで直線的で、
帯合わせや小物合わせでぐっと雰囲気が変わります。

でも、
具体的にどこを変えたらいいの?
って思いますよね。
着物以外の小物や帯をチェンジすればOKなのですが、
今回は同じ着物を着回す!
というテーマで、同じ着物を3パ

もっとみる

【ゆかしきもの】衣紋は「抜く」のではなく「形を作る」

こんばんは。
着物コーディネーターさとです。

前回に続いて、今日も襟元の話をしようと思います。
前回は半襟の出し方の形や着付けについてご説明したので、
今回は衣紋のお話です。

衣紋とは、着物や浴衣を着た時に首の後ろに来る部分のことですね。
うなじがチラリ…なあそこです。

「衣紋を抜く」のが苦手
というお悩みを個人的によく聞きますが、
そもそも衣紋を抜くって何でしょう?
ご説明していきます!

もっとみる

【ゆかしきもの】着物コーディネート③質感と配色の組み合わせ方

こんばんは。
着物コーディネーターさとです。

先日書いたコーディネートの記事の続きです。

前記事では色数・配色と質感について書いたのですが、今回は踏み込んで…
色と質感、2つの要素を組み合わせたコーディネートの決め方や考え方について書いてみようと思います。

前記事
【ゆかしきもの】着物コーディネート① 色数・配色
【ゆかしきもの】着物コーディネート②質感

では、コーディネートに使う

もっとみる

【ゆかしきもの】着物コーディネート②質感

コーディネートについての記事の続きです。
前回は色数に重点を置いて、色のコーディネートの仕方をご説明してみました。

前の記事はこちら↓

【ゆかしきもの】着物コーディネート①色数・配色

さてさて
今回は色に加えて、もう1つの大切なポイント『質感』に重点を置いて記事を書いてみます。

着物の質感を決めているのは『作り方』

着物は大きく分けると2つに分類されると言われています。
・染めの着物

もっとみる

【ゆかしきもの】着物コーディネート① 色数・配色

こんばんは、着物コーディネーターさとです。

少し涼しくなってきたので、
先日久しぶりにアンティーク着物(単衣)を着ました。

やっぱりアンティーク着物は可愛い…

写真はnoboraさん。
いつもありがとうございます♪

さてさて、アンティーク着物を着ていると、
『柄も色もたくさんあって、合わせ方が分からない』
とたまに聞くので、
今日は色数をメインにコーディネートのお話をしようと思います。

もっとみる