アイドル部

今再び「批判の批判、やめませんか」

はじめに

 先日、.LIVE公式Twitterで8月24日に豊洲PITにて開催予定のイベント、電脳少女シロ生誕祭の出演者が発表された。この発表について、様々な意見や、その意見に対する批判などが交わされるのを見た。
 当記事は、本件に関する筆者の個人的見解を述べるものではなく、本件を元に、.LIVEファンあるいはVtuberファンの方々に対して意見を述べるものである。先述の.LIVE公式の出演者発

もっとみる

私がアイドル部の配信の1コメにタイムスタンプを投稿できる理由

本記事について

約2ヶ月半に渡ってアイドル部やシロちゃん、ミルクちゃんの配信にタイムスタンプをつけ続けてわかったことや、効率化のために作成したツールについて簡単に解説する記事です。

タイムスタンプの例

理由1: 配信中にタイムスタンプを作成しているから

タイムスタンプを作るやり方は、ライブ配信中に作るか、もしくは配信が終わってからアーカイブを見て作るか、の2つに分けることが出来ます。
それ

もっとみる

noteの深層で愛を叫ぶ ~北上双葉編~

ふたばんは~🌱ぐれぇーです。今回は、noteの深層で愛を叫ぶ別名キモオタ大晒し会として、先日チャンネル登録者数10万人を達成した北上双葉ちゃんをご紹介しようと思います。

※注意 

・感情が昂ってキモくなる場合があります。優しく見守ってください。お願いします。マジで

・配信の時間があったら見てにやにやして、時間があったらアーカイブみてにやにやしてる程度のにわかなので間違った情報を記載する場合

もっとみる

ヤマト イオリ「私の幸せな時間が長い理由」発売決定に寄せて

先日行われたイベント「MF文庫J『夏の学園祭2019』」にて、12人のバーチャルYouTuberグループ「アイドル部」の一人、ヤマト イオリのエッセイ本「私の幸せな時間が長い理由」(イラスト担当は同じくアイドル部に所属するもこ田めめめ)の発売が発表された。自分はこの配信をリアルタイムで見ていたが、アイドル部のプロデューサーであるばあちゃるが告知を始めた時は順当に「電脳少女シロ生誕祭」辺りについて話

もっとみる

どっとライブトラベル現地民にも苦悩はある

前書き

 7月20日に開催されたどっとライブトラベル。その中で行われた東京タワーコラボが8月1日~9月1日の1か月間開催されることが発表された。この発表について、様々な意見や、その意見に対する批判などが交わされるのを見た。
 本文では、筆者が1人のどっとライブトラベル現地参加者(以下「現地参加者」は現地民と表記する)として、実際に参加して体験した感想や、それらの意見や批判を眺めていて思ったことな

もっとみる

私立ばあちゃる学園について

ばあちゃる学園とは

 12人のバーチャルYouTuberグループ「アイドル部」が通っているとされる私立学校。世界初男性バーチャルYouTuberとして知られるばあちゃるが学園長を務めている。公式ライトノベル「電脳少女シロとアイドル部の清楚な日常」、.LIVEのYouTubeチャンネルで公開されているアイドル部の日常動画などでその生活風景の一端を垣間見ることが出来る。

基本的な話

 ばあちゃる

もっとみる

Aikawa noteまとめ

【Vtuber一般】

Vの活動ってなんぞやという話

・バーチャルさんがいっぱい レポート

【花譜】

【アイドル部(.LIVE)】

(アイドル部各部員紹介note含む)

・アイドル部 hPaレポート

月刊アイドル部

【歌うVtuber】

もっとみる

ちゃる様を占星術で占ってみたら…ステキなプロデューサーでした

占星術を用いることでその人の隠された才能や、運命の相手が分かる…。

そう書くとやっすいティーン誌っぽいけど、まぁそういう感じだよね。

であれば、自分の推しのホロスコープを覗くことでその本性が分かるのでは…?

という日本人特有のねちっこい気質全開で「推しの本性」をバシバシ開示しちゃおう、ってコーナー。

企画倒れしたらごめんね

今回の犠牲者、もとい鑑定する人は世界初男性バーチャルYouTub

もっとみる

電脳与太話:ヤマト イオリのテーマソング「NIPPON」説

・ヤマト イオリ→YAMATO IORI→YAMATO→NIPPON
・万歳!万歳!日本晴れ
←イオリンを象徴する言葉の一つ「顔晴れ」を連想させる歌詞
・我ら 時代の風雲児
←バーチャルYouTuberは2017年12月以降加速度的に人気が上昇し、アイドル部もその流れに乗ってデビューした
・この地球上でいちばん 混じり気の無い気高い青
←イオリンのことに他ならない
・ハレとケの往来に蓄えた財産をさ

もっとみる

アイドル部の歌姫、猫乃木もちの「表現力」について

またたびである自分が、もちにゃんのお歌を褒めるだけの雑文です。個人的解釈を多分に含むのでご了承ください。

猫乃木もちは歌が上手い。

 音程を合わせる技術、音域の広さ、ビブラートの深さや長さの使い分け、フォールやしゃくりの入れどころ、ファルセットの綺麗さ、などなど、技術に関して言えばキリがない。

 ただ、私は彼女の歌を聴く度に、「上手い」だけではなく「凄い」と感じるのだ。
 「凄い」と感じる歌

もっとみる