アチューンメント

クリーン・アップ・パイプのやり方

ナチュラル・レイキでは、アチューンメントの代わりにクリーン・アップ・パイプを行うと、前回の「クリーン・アップ・パイプとは?」で書きました。
これは、氣(靈氣)を効率的に大量に流すための方法で、様々なやり方があると思います。
ここでは、私が考えるクリーン・アップ・パイプのやり方を紹介します。

簡易的なクリーン・アップ・パイプのやり方

まずは、誰もが簡単にできて、しかも効果がある方法です。
私の講

もっとみる

クリーン・アップ・パイプとは?

ナチュラル・レイキではアチューンメントを行いません。
アチューンメントをしなくてもレイキができるようになるからです。

しかし、これまでレイキをしてこなかった人や氣(靈氣)が出にくい人が、なるべく短期間に氣(靈氣)が出やすくなるための方法があります。
それがクリーン・アップ・パイプと呼ばれるものです。

氣(靈氣)が流れるパイプがある

人間には元々、氣(靈氣)が流れるパイプがあると言います。

もっとみる

ナチュラルレイキとは?

私は、2016年に西洋レイキのマスターとなり、2018年には日本伝統のレイキである直傳靈氣の師範格になりました。
つまり、西洋レイキのアチューンメントも日本伝統のレイキの靈授も、どちらも行える立場になったのです。
西洋レイキではマスターも養成できますが、直傳靈氣ではまだ前期講座を開けるだけです。
そういう意味では、まだ学びの途上とも言えますが、ほぼすべてのことを学んだ状態とも言えます。

この他に

もっとみる

アチューンメントって必要なの?

ここまで読まれてきた方の中には、「アチューンメント(靈授)って必要なんですか?」という素朴な疑問を抱かれるかもしれません。
レイキが人間の本能であり、レイキ以外にも手当て療法があるとすれば、レイキのアチューンメントが絶対視される理由がないからです。

アチューンメントするのがレイキ

しかし、日本伝統の霊氣では、やはり靈授を受けなければレイキはできないという立場です。
また西洋レイキでも、アチュー

もっとみる

レイキは誰でもできるもの

大正末期に創設された「臼井靈氣療法学会」によって、レイキは日本中に広まりました。
戦前には、最大で100万人もの人がレイキをしていたと言われています。

どうしてそんなに広まったかと言うと、1つには誰でも靈授(アチューンメント)を受ければレイキができるようになったからです。

レイキの回路とアチューンメント

レイキの講習を受けると、数回の靈授やアチューンメントを受けます。(以下、西洋レイキで呼ぶ

もっとみる

レイキは日本発祥のヒーリング手法

レイキの創設者

レイキは、大正末期に日本で始まりました。
創設者は臼井甕男(うすい・みかお)氏です。
1922年(大正11年)4月、臼井氏は東京で臼井靈氣療法学会を立ち上げ、約4年間、レイキの普及活動をされました。
その普及活動中の1926年3月9日に、臼井氏は亡くなられています。

レイキとは?

現在は「レイキ」と呼ばれますが、正式名称は「心身改善臼井靈氣療法」と言います。
靈氣を用いて心身

もっとみる

【毒親からの開放】母(父)が嫌いで辛い日々にさようなら【見えない虐待Part1】

ご縁に感謝いたします。
運気引き寄せレイキヒーラー葵(あおい)です。

もう記事のタイトルが重い…!のですが、そんな境遇から今という現実を掴むまでのお話を書こうと思います。
(いずれ漫画にしたいと思っておりますが、まずは文章で綴って参ります。)

世の中には良いことも悪いこともありますが…いろんな苦労が今の自分を創っているのだなぁと実感しています。

この記事を書こう!と思ったきっかけは、思った以

もっとみる

【マンガでわかる】誰でもできる!運を良くする3つの習慣(ネガティブが引き寄せるモノとは)

ご縁に感謝いたします。
運気引き寄せレイキヒーラー葵(あおい)です。

風水、占い、いろいろありますが、良く耳にする「開運」の方法の中で、個人体験からの検証ですが、「運を良くする為にできること」をお届けします。

▼前回の記事はこちら▼

【マンガでわかる】誰でもできる!運を良くする3つの習慣(言霊と波動編)

当時、霊視しなくても、彼女の周りの空気が違いました。

そして霊視してみると、「他人が

もっとみる

【マンガでわかる】誰でもできる!運が良くなる3つの習慣(言霊と波動編)

ご縁に感謝いたします。
運気引き寄せレイキヒーラー葵(あおい)です。

風水、占い、いろいろありますが、良く耳にする「開運」の方法の中で、個人体験からの検証ですが、「運を良くする為に誰でも簡単できること」をお届けします。

イライラした人や機嫌が悪い人が近くにいると、自分までイライラが移ったり…という経験もあるのではないでしょうか。

同じように、グチグチいじけたり、卑屈になったり、誰かの悪口ばか

もっとみる