Tor des Geants / トルデジアンまとめ

Tor des Geantsに出てみたい、もしくは出る予定の方向けに、参考になるサイトをまとめました(今後も加筆予定)。自分自身も2018年に参戦・完走しましたが、事前の下調べは参考になったと感じています。個人的相談のることも可能ですので、不安なことがある人は気軽に連絡してください。

オフィシャル

オフィシャルサイト
すべてはここから始まる

オフィシャルYou Tubeチャンネル
トルデジア

もっとみる

【キャンプ】 タープを自作してみる

最近流行りのキャンプだが、良い道具を揃えると底なしに金がかかる。テント10万、コット5万、ストーブ5万、椅子3万、、、拘り出したらキリがない。特に自分は車がFiat500ということもあり、快適にキャンプ場で過ごそうと思うと必然コンパクトなギアで固めないと車に載らない。アウトドア用品は軽量即ち高価格。自由に使えるお金にも限界がある。

「なんで何枚か布を縫い合わせただけのテントやタープがこんなに高い

もっとみる

ソロキャンプはいかに軽量化するかが鍵となる

ソロキャンパーにとって
問題となるのが
荷物の 重量。

特に 自転車や バイクで
キャンプする人にとっては
荷物が限られているから

軽量化は 必須となるわけです。

そこで目安とするのは

総重量を 10kg以内に
すること。

これが一つの目安に
なるわけです。

私の荷物を 測ってみた所。

約6,5kgだった。

これは 料理をあんまりしないと
いう前提の荷物なので

クッカーや バーナ

もっとみる

風呂敷の大きさ、重さと練習

荷物軽量化計画をしてからいろいろと入れ替えを行い、実際に最大の山場であるLCC機内持ち込みだけで4泊5日離島&都市部周遊(国内)をやって、それでまたいろいろなことを感じました。

やはり重要なのは、仕事の荷物もあるとなるととにかく荷物そのものの重さを厳密に減らしていくのが本当に最終的な重さに響くという事です。同じタオルでも100gのものと50gのものだったら、絶対に50gを選ぶ必要があります。

もっとみる

厳選無印良品、本当のトラベルアイテム

またですか、といわずに。
なんで無印かというと、近所にあるからです。
そして、無印にはトラベルグッズコーナーがあって、それが意外にもミスリードになる!という事から、ちゃんと自分で選んでいかないといけないという事を思い返すために、です。

お仕着せトラベルグッズの罠「重さ」

トラベルグッズとして売られているものは、意外にちゃんと考えられていない物も多いです。旅行に行くために作るというより、旅行用っ

もっとみる

UNIQLOで買う旅行のための服

UNIQLOはむずかしい。全部UNIQLOでそろえるのはあまり勧められないと思う。なのでよくよく吟味して選ばないといけないと思っている。

●リラコ

ステテコをおしゃれにしたやつ。女性用です。男性用はステテコって名前で売っています。
これ、ポケットついているし、ホテルでちょっと自販機行くくらいなら許される感じのだらしなさと外着のバランス。
パジャマの代わりに持っていきます。乾きが早いのと小さくし

もっとみる

旅に出る前にやること

旅行の話ばかりしている移動が苦手な弾丸トラベラー。
弾丸トラベルになるのは、資金不足だからです。くそぅ。

さて、旅行に出るのが苦手なので、帰ってきたときはもう疲弊している。なので、出かける前に絶対にやっておかないといけない事があります。

①部屋の掃除

荷物を抱えてどさっと部屋にたどり着いて、放り出します。
その時、部屋が散らかっていると、散らかり on 散らかりになります。散らかりダブル。追

もっとみる

移動が苦手な弾丸トラベラーのカバン

移動が苦手だ。
一時期ライトなパニック障害みたいな時期というか、長い時間電車に乗ってられないとか(血の気が引いてお腹下すとか、とにかく自律神経がおかしい)あったり、飛行機の離着陸での気圧変化で倒れるとか、よくある。
長い時間自動車に乗るのも、ちょっとやばい。

が、いかねばならない。
北は青森三戸、八戸。南は長崎の島へ。紀伊半島、四国、秋田…
まだ試される大地には試されていないけど。

「アリゾナ

もっとみる

ガワの重さ

旅行グッズ集めをし始めて、実はかなりの重要事項である重さについて、私はなにも考えていなかったことを知り、そこからかなり多くのものの見方が変わって、大量の持ち物を手放し、入れ替えた。

今までは値段と機能、素材くらいしか考えていなかった。

でも、旅行に行った時、カバンの中の整理をするためにポーチをいくつか使う。ポーチの中身の重さは考えていても、ポーチそのものの重さは全く考えていなかった。

そこに

もっとみる