エル

30代からのガンプラ初心者製作記リブート~さぬきの星より愛をこめて~(#14:〔HG〕スーパーガンダム)

HGスーパーガンダムです。製作日は2012年9月頃です。 この機体はゼータガンダムの劇中で終盤にエマ・シーンが搭乗した機体です。 Gディフェンサーにはカツ・コバヤシが搭乗していました。 Gディフェンサーがドッキングされていない状態のガンダムマークⅡは序盤に主人公のカミーユ・ビダンが搭乗しましたね。

 また、忘れがちですがZZガンダムでもガンダムチームの一機として、 ガンダムマークⅡにモンド・アカ

もっとみる

ミス ハンムラビ 視聴完了

JTBCの月火ドラマ「ミス ハンムラビ」全16話を見終わりました。

主演はエル&Ara。
舞台は法廷です。

主役の2人は判事なんです。

エル演じるパルムは超エリート判事。

冷たくて、他人には関心を示さないタイプ。

Ara演じるオルムは新人としてパルムの部に配属されました。

正義感、人情味たっぷりの思いやりのある判事です。

長いものには巻かれろ、上司の言うことは絶対・・・
というのが暗

もっとみる
ありがとう!あなたのお蔭で今日も楽しく過ごせそうです。

キューティ・ブロンド 2019(ネタバレ)

キューティ・ブロンド 再演の備忘録!

まずは、公式(@toho_stage)の写真をお借りして写真の整理とエルの17着※の衣装の整理。順番等まちがえてたらごめんなさいね。
 ※おけぴまくあいマップ記載

ナンバーはBW版サントラより。

M1.Omigod You Guys

衣装1

衣装2

M2.Serious

   ※2枚目の写真だけこのシーン

M3.What You Want

もっとみる

もう直ぐ新世界の神の誕生日です。写真は近くのラーメン屋。本日長い投稿はなしね。仕事が詰まってきているの。確定申告もまだまだーあーあーあー

米津玄師、「DEATH NOTE」のL説。もしくは「To-y」の藤井冬威説。

(トップ画像:rockin'on.com)

まあなんて言うか、人なんて自分の物差しでしか対象を測れないので、どうしてもわたし個人の過去の趣味嗜好から照らし合わせる事になる訳ですが。

米津玄師さんって、デスノのLみたいじゃありませんか??

世界3大探偵の名を欲しいままにゲーム感覚で数々の謎に挑み解決に導く。

…これが証拠です!

♪orion / 米津玄師(MV)

…年格好も似てるし!

もっとみる

キューティブロンド

映画キューティブロンドを観ました!
エルというキャラクターが本当に可愛かった。

ふられたときに、自分の好きなことをしてテンションをあげようと、ネイル、ヘアサロンに駆け込む姿もとても素敵だし

女の子たちが仲がいいのも素敵だし

友情を大事に、真っ直ぐ自分の道を進んでいこうとしている姿がとっても素敵だった。

忙しくても自分の好きなこともしっかり楽しんでいるのが、とても好印象でした。

たとえ彼を

もっとみる

ELLE⭐️⭐️⭐️⭐️(5最高)

「恥なんて感情で私たちは止められない」

あらすじ

「氷の微笑」のポール・バーホーベン監督が「ピアニスト」のイザベル・ユペールを主演に迎え、「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」の原作者フィリップ・ディジャンの小説「oh...」を実写映画化したエロティックサスペンス。ゲーム会社のCEOを務める女性ミシェルは、ある日突然、自宅に侵入してきた覆面男に襲われてしまう。何事もなかったかのように今まで通りの生

もっとみる

【関連記事まとめ】現役女子大生社長、インフルエンサー越境EC立ち上げ

◆ New English article
◆ 新着記事をお届けします。以下のリンクからご登録ください。
Facebookページ|メルマガ(隔週火曜日配信)
LINE:https://line.me/R/ti/p/%40sqf5598o

<2018. 7.3-7.9 BeautyTech関連記事まとめ>

今週は、韓国企業とタッグを組みインフルエンサーによる販売チャネルを立ち上げた女子大生社長や

もっとみる
ありがとうございます!メルマガで隔週で更新情報配信中。ぜひご登録を!
4

【cinema】ELLE エル

2017年68本目。

ゲーム会社のCEOを務める女性ミシェルは、ある日突然、自宅に侵入してきた覆面男に襲われてしまう。何事もなかったかのように今まで通りの生活を送ろうとするミシェルだったが、襲われた時の記憶がフラッシュバックするようになっていく。犯人が身近にいることに気づいたミシェルはその正体を突き止めようとするが、自分自身に潜んでいた欲望や衝動に突き動かされて思わぬ行動に出る。(映画.co

もっとみる

『エル』

監督ポール・ヴァーホーベン、主演イザベル・ユペール

---

原作者のフィリップ・ディジャンは「ベティ・ブルー/愛と激情の日々」の原作者だそうです。

この映画も、とても官能的な作品でした。

ただ、恋愛映画ではなく、とても危険な映画です。

「えっ?」「良いの?」「まさか?」「本当?」
・・色々な挑戦を挑んできます。

公式サイトによると、ポール・ヴァーホーベン監督はこの小説について、
「僕ら

もっとみる