[全身編集者]

初版発行:2019年5月16日
著者:白取千夏雄
出版社:おおかみ書房
ジャンル:自伝*半生記

 「伝説の雑誌「ガロ」元副編集長が語り下ろした半生記・半世紀。
師・長井勝一との出会い、「ガロ」編集としての青春、「デジタルガロ」の顛末と「ガロ」休刊の裏側。
慢性白血病、最愛の妻の急逝、悪性皮膚癌発症、繰り返す転移と度重なる手術という苦難の中、それでも生涯一編集者として生きた理由、「残したかったもの

もっとみる

歌舞伎とガロと聖徳太子で培ったもの。 振付・演出家 菅沼伊万里インタビュー vol.1

あるジャズライブの会場で、ギリシャ彫刻のようなふくらはぎを持つ女性に出会った。聞けば、振付・演出家だという。宝塚歌劇団や早乙女太一の舞台振付も手がける彼女は、「バンビ」の愛称で知られるThe Bambiest(ザ・バンビエスト)主宰の菅沼伊万里(Imari Suganuma)。ダンスの名門である日本大学芸術学部洋舞科卒業後、ロンドンのCentral Saint Martins(セントラル・セント・

もっとみる

第2回「僕の好きな漫画② -鈴木裕之編-」

前回の「僕の好きな漫画① -中村信彦編-」に続き、今回は「僕の好きな漫画② -鈴木裕之編-」をお送りします。

「僕の好きな漫画① -中村信彦編-」はこちらから↓

今回もお相手は、DJのMIGHTY MARS、イラストレーターの鈴木裕之、デザイナーでベーシストのヨシカワショウゴ、大工の中村信彦の4人です。
前回の「僕の好きな漫画① -中村信彦編-」では、遊人の「ANGEL」と、それにまつわる思春

もっとみる

My Tastes

他の人にとってはどうでもいいことのようだが自分にとってはちょーイラつくもののことを英語でpet peeveというそうです。日本語に同じようなことを表す単語あるかな?

懐かしいとか、奥ゆかしいとか日本語にあって英語にない言葉って結構たくさんあると思うんです。日本語ってめちゃくちゃに汚い言葉とか罵る言葉とか他の国に比べて全然ないですよね
それなのに、よろしくお願いしますとかお疲れ様とか素敵な言葉は結

もっとみる